POPSCENE

スキマスイッチ、ニューシングル『青春』インタビュー

スキマスイッチ、ニューシングル『青春』インタビュー

July 3, 2019 17:00

interview_label
0
0
シェア LINE

ー ではお客さんの反応もVol.1とは違いましたか?

大橋:うーん…違いましたけど……まだ置いていってる感はありましたね(笑)。

常田:アンケートの回収率がね…あんまりね(笑)。ネットアンケートに変えた戸惑いもあったんでしょうけど、打ち上げの時に、“あれ!?”っていう数しか集まっていなくて(笑)。

大橋:ライヴいっぱい演ってるアマチュアバンドより絶対に少なかった(笑)。


ー そんなところに変化があったとは(笑)。そういえば開場BGMはお二人含め、メンバーそれぞれが公演ごとに選曲したんですよね。

常田:折角「THE PLAYLIST」というツアー名だし、ちょうど5都市なので5人のカラーが出たら面白いなと思って。


ー 普段のスキマスイッチさんのライヴも開場BGMはお二人で考えるんですか?

常田:あ、 そういえば結構僕が選曲してますね。


ー 選曲の基準は何でしょうか?

常田:ツアーのリハーサルで出たキーワードです。


ー キーワード?

常田:今回はこういうアレンジが多いとか。例えば昨年のALGOrhythmツアーだと、ジェフ・リンみたいなアレンジが2曲くらいあったので、それならELO(Electric Light Orchestra)かなと思って、ELOの曲を場所を変えつつ少しずつ織り込んだり、AORコーナーを取り入れた…あれは【POPMAN’S CARNIVAL】だったけな。その時はAORのベストを作ってみたりとか。


ー 面白いですね。これから開場BGMもより楽しめそうです。ちなみにカバーの楽しさと難しさはどういうところでしょうか。

大橋:楽しいという意味では兎に角楽しいんですよ。下手したら自分の曲を演奏するよりも楽しいかも。自分の曲って答えがないものを手探りしているというか。これは【THE PLAYLIST vol.2】 のMCでも話したんですが、レコーディングにしてもアレンジにしても、それこそメロディや歌詞、歌い方ひとつにしても、自分でこれという答えを見つけないといけないんですよね。音楽ってなかなか正解がないので、何が正しいかも分からないから、その正解を見つけるのが難しくて。レコーディングでは歌詞も時間ギリギリまで悩みますけど、もうここで終わりって決めて…でも妥協という意味ではなく、リミットを自分たちで設定してそれをひとつの正解として作り上げますが、それがライヴを演っているうちに変わっていっても良いと思うんです。それに対してカバーライヴって、ちょっと語弊あるかもしれないけど、すごく無責任に出来るんです。オリジナル曲のアーティストが作った正解があるじゃないですか。


ー そうですよね。

大橋:それをストレートカバーする選択肢もあれば、「この曲をこうアレンジしてみたら面白くない?」って自分たちなりにアレンジを加える選択肢もある。それに対してあまりプレッシャーを感じずに出来るというか。そこがカバーの面白いところじゃないかな。ただ勿論難しい面もあって、例えば(中島)みゆきさんの「糸」の歌詞を読んで、みゆきさんってどういう気持ちでこの曲を書いたのか考えるんです。歌詞に関しては内容や想いを自分なりに解釈しないと、ただただ言葉を並べているだけになっちゃうので。でもそれって、本人のところに聞きに行くわけでもないので、あくまでも想像にしか過ぎないですが。そこは難しい面でもありますが、僕は学生時代にコピーバンドとかをやったことがないので、そういう意味でも遅れてきた青春みたいなところがあって、やっぱりカバーライヴはすごく楽しいですね。


ー 今回のVol.2は伺えませんでしたが、カバーだけのライヴって、ある意味贅沢だしすごく楽しいのでこれからも続けて欲しいです。

常田:そう言ってもらえて嬉しいです。

大橋:続けていきたいですね。お客さんが来てくれるなら(笑)。

常田:アハハ!でもスキマスイッチがやるから行こうっていうのじゃないと良いね。

大橋:うん、そうだね。それは確かに。

常田:カバーライヴだから行ってみようかっていうのが良いですね。今回はこういう楽しみ方なんだって届いていると、すごく嬉しい。だから「カバーなんだったら行かないよ。」という人がいても全然アリだと思うし。ただ今回はまさかツアーで出来るとは思っていなかったので嬉しかったです。


ー 今、大橋さんが言われた中島みゆきさんの「糸」は実際 【THE PLAYLIST vol.2】でも演奏されましたし、今作にも収録。 こちらもすでにトヨタホームさんのCMで何度も耳にしました。

大橋:【THE PLAYLIST vol.2】の開催が決定した頃にちょうどCMのお話を頂いて、すごいタイミングだなと思って。それだったらライヴでも演ろうという話になり、ライヴで演るなら折角だからこのメンバーでレコーディングもしようという話になって、ツアー中にレコーディングをしたんです。


ー そういう流れだったんですか!本当にすごいタイミングでしたね。

大橋:そうなんですよ!だからツアーで演りながらレコーディングして、またツアーで演奏する。その感じがすごく面白くて!ライヴで演奏していたからこそレコーディングが成立したし、ライヴでの演奏をベーシックに考えてレコーディングで再構築したので、その後またツアーで歌った時は、演奏の雰囲気も変わったと思います。そうするとやっぱり皆さんにも聴いて欲しくなるんですよね。それで今回収録することになりました。この曲を歌ってみて思ったのはやっぱり名曲だということ。僕、以前にひとりの弾き語り企画でこの曲を歌ったこともあったんですが、その時はまだそこまで深く考えずにというか、良い曲だから歌いたいと思っていたくらいだったんです。でも今回改めてこの曲に向き合って歌ってみると、その難しさに気づいて。誰が歌っても良い曲ってすごい名曲だと思うんです。


ー この曲も沢山の方がカバーされていますもんね。

大橋:ええ。だからこそ個性を出すのがすごく難しくて、単純に「あの人も歌ってたしあの人も歌ってた。スキマスイッチも歌うんだ。」って思われたらそれはそれで損だなと。だから自分たちなりの個性は入れたいと考えていました。この曲ってすごく熱く歌うことも出来るけど、多分みゆきさんはそんなに熱く歌っているわけではないんじゃないかな。曲の温度があまり上がらないで淡々と…というのがみゆきさんの「糸」なのかなと考えて、僕らもじわじわとずっと熱いけどあまり極端に、サビの繰り返しだから盛り上げようとかはしないでおこうっていう話はしていましたね。


ー なるほど。

常田:今回「東京」のレコーディングも【THE PLAYLIST】のメンバーだったんです。


ー あ、そうだったんですね。

常田:ちょうどツアー中ということもあったんですが、このカバーライヴは今回のシングルにかなり大きな影響をもたらしていると思います。更にエンジニアさんが違うので、メンバーは一緒なのに音的には全然違うのも聴きどころのひとつです。「東京」は、以前ロンドンのアビイ・ロード・スタジオで「未来花(ミライカ)for Anniversary」をレコーディングした時にエンジニアを務めてくれたマッド・ミスコにお願いして、「糸」は「メトロノーツ」でもお世話になった甲斐俊郎さんに録って頂きました。そういうマニアックな(笑)楽しみ方も出来ると思います。


ー 今秋より【スキマスイッチTOUR2019-2020「POPMAN’S CARNIVAL vol.2」】も開催。こちらも【THE PLAYLIST】同様、通常のアルバムツアーとは違う面白さがありますね。

大橋:そうですね。【POPMAN’S CARNIVAL】は立ち上げて本当に良かったと思うし「いつでも演れるツアー」というのがコンセプトなので、勿論アルバムを引っさげてのツアーも面白いけど、僕らも純粋に音楽を楽しんで作って、お客さんも「今回どんな曲を演るんだろう…。」って楽しみにしてくれて。【POPMAN’S CARNIVAL】に関しては本当に僕らがその時に演りたい曲をチョイスしますからね。しかも通常のアルバムツアーでもリアレンジはかなりしますが、更にリアレンジが多めなのも楽しみのひとつです。色々なコンテンツを作って、“この時のスキマスイッチが好きだ”というのを見つけてくれたらすごく面白いと思います。それは会場に関しても同じで、ライヴハウスのスキマスイッチが好きとか、ホールやアリーナが好きとか。勿論アルバムを引っさげたツアーが好きって言ってもらえるのも嬉しいし。でもさっきシンタくんも言っていたように、「カバーライヴだから行かない。」とか「アルバムツアーじゃないならいかない。」って言う人がいても良いと思うんです…いや、良くはないけど(笑)。


ー そうやってコンテンツを増やすことで、音楽を色々な角度から楽しめるのは本当に面白いです!【スキマスイッチTOUR2019-2020「POPMAN’S CARNIVAL vol.2」】も楽しみにしています!

常田:ありがとうございます!

大橋:是非楽しみにしていてください。


ー ありがとうございました!


インタビュー:秋山雅美(@ps_masayan


■ スキマスイッチTOUR2019-2020 POPMANʼS CARNIVAL vol.2
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/live/

■ スキマスイッチ Official HP
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch/

Apple Music

YouTube

リリース情報

スキマスイッチ 26thシングル
「青春」

2019年7月3日発売

-収録曲-

□ 初回限定盤A
CD1
M1:青春
M2:東京
M3:糸
CD2
M1:丸ノ内サディスティック~VIRTUAL INSANITY(2019.3.28 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol.2@福岡DRUM LOGOS)
M2:君はロックを聴かない(2019.4.2 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol.2@Zepp Namba)
M3:LA・LA・LA LOVE SONG(2019.4.3 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol.2@Zepp Nagoya)
M4:VIVA LA VIDA(2019.4.16 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol.2@Zepp DiverCity)
M5:HANABI(2019.4.25 スキマスイッチ THE PLAYLIST vol.2@Zepp Sapporo)

□ 初回限定盤B
CD
M1:青春
M2:東京
M3:糸
DVD
青春Video Clip
青春Video Clip Making

□ 通常盤
M1:青春
M2:東京
M3:糸

□ 封入特典-
「スキマスイッチ TOUR 2019-2020 POPMAN’S CARNIVAL vol.2」先行予約応募URL封入

青春

初回限定盤A(2CD)

UMCA-59056/7 / ¥2,000

青春

初回限定盤B(CD+DVD)

UMCA-59058 / ¥2,000

青春

通常盤(CD)

UMCA-50057 / ¥1,200

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20