POPSCENE

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

海蔵亮太『愛のカタチ』インタビュー

June 8, 2019 12:30

interview_label
0
0
シェア LINE

ー でもそういうのも含めてライブ感があって楽しかったですよ(笑)。

そう言ってもらえると救われます(笑)。


ー 同じくスペシャル盤の「Stripes」は恋人と別れた日常と気持ちを歌っていますが、「コーヒーカップ」のアンサーソングでないことを祈ります(笑)。

アハハ、そうですね。歌詞の内容は悲しいかもしれませんが、それでも皆さんに楽しんでもらえるような曲にしたいと思っていたので、あえて暗く歌わないようにしました。


ー メロディもポップですよね。

ええ。


ー この中で歌っていて一番難しかったのはどの曲ですか?

「イッショケンメイ」です。正解がわからなくて。きっとあと何度かライブで歌ってからレコーディングしたらもっと違う表現も出来るかもしれません(笑)。まぁ、そうは言ってもその時その時で録った音源って僕としてはすごく新鮮なので、それを修正してどうこうと言うよりかは、その時のベストを届けることが良いと思っていますが。ただ、そう考えるくらい「イッショケンメイ」は難しかったです。


ー でも昨年のデビュー時より着実に歌の表現力が高くなっている気がします。歌によって様々な表情があるというか。

ありがとうございます!テクニカルな要素に関してはあまり話さないようにしているんです。それを話してしまうと、聴いている人がそこにしか耳がいかなくなってしまうので。なのでそこは伏せつつも、自分の中でデビューした当時と比べれば、引き出しの数は少し増えた気はしているから、その組み合わせを以前と変えてみたりはしています。実際に試すことで、聴いてくれる人により楽しんでもらえるなとか、曲の良さをより引き出せるなとか感じられています。そういう意味で最初の頃と変わったのかもしれません。


ー では、デビュー前やデビュー当時には歌えなかった曲が今歌えていることもありますか?

あります、あります!それこそ「君と僕の挽歌」を最初に挑戦した時は、“こんな難しい曲、絶対に歌えない”と感じましたし。でも色々な表現方法を試すようになってからは無理と思わず歌えるようになったし、もっと歌いたいと思える曲になりました。それは自分の中でも嬉しいことだし楽しいことです。

ー 本当に、歌うことが楽しくて仕方ないというのが、この188cmから溢れ出ていて、観ているこちら側も楽しくなってしまうんですよね。

本当ですか!?それは嬉しいです。


ー それこそ海蔵さんのTwitterのヘッダーに書かれている「 I don’t sing because I’m happy; I’m happy because I sing. 」(人は幸せだから歌うのではない。歌うから幸せなのだ。)そのものに思えました。

それは自分自身本当に感じていることだし、今もなお感じ続けていることです。歌って良いなって。それを皆さんにも伝えられたら嬉しいですね。正直、人生楽しんだもの勝ちだと思っているし、そのツールとして僕には「歌」がある。辛い時も“辛いから歌えない”ではなく“辛くても歌えば楽しくなる”と思っています。そういう感情の変換…「歌を通して元気になるとか楽しくなるんだよ」ということを、応援してくださる皆さんにも伝えられたら良いなと思っています。


ー 素敵な考え方ですね。

これは僕の一方的な見方ですが、最初は元気がなかった人でも何度かイベントとかに来てくださるうちに段々元気になって来て、会う度に僕よりパワーアップしているんじゃないか(笑)と思うくらいの方も沢山いらっしゃるんです。もし本当にそうだとして、僕の歌が何かしらの役に立っているとしたら嬉しいです。


ー 大きな会場というだけでなく、不可能と思えることも含め、今後シンガーとして歌ってみたい場所は?

テーマパークとか良いですね。ショッピングモールともまた違う、色々な家族が集まる夢の国的な雰囲気もあるし。あと子どもが好きなのでアニメソングとか可愛い曲を幼稚園とかで歌えたら良いな。それと僕は路上ライブをしたことがないんですよ。


ー あ、そうだったんですね。

ええ。色々なシンガーの方の経歴を見ると、路上ライブをしてインディーズからデビューしている方も多いじゃないですか。


ー ええ。

でも僕の場合はカラオケの世界大会という謎の経歴なので(笑)。


ー いやいや(笑)。

投げ銭とかも憧れるし、路上ライブでの苦労を耳にすることも多いので、そういう経験もしてみたいです。


ー まだまだ経験していないことも多いと思いますが、そう考えると楽しみも多いですね。

そうですね。僕自身も、そして勿論皆さんに楽しんでもらえるシンガーになれるよう、これからも攻めて、攻めて、攻めて、ガンガンいきたいと思います!


ー ありがとうございました!


Text:秋山雅美(@ps_masayan


■ 海蔵亮太オフィシャルHP
https://www.ryota-kaizo.com

■ 日本クラウンHP
http://www.crownrecord.co.jp/artist/kaizo/

Apple Music

YouTube

リリース情報

海蔵亮太 Reissue Single
「愛のカタチ」

2019年6月5日発売

-収録曲-

□ プレミアム盤
DISC1(CDS)
1. 愛のカタチ
2. Just a friend
3. コーヒーカップ
4. 愛のカタチ(Original Karaoke)
DISC2(DVD)
LIVE DAM STADIUM presents 海蔵亮太 LIVE 2019「Communication」FINAL @名古屋ボトムライン
・渡良瀬橋
・巡恋慕
・銀の龍の背に乗って
・Story
・接吻
・On My Way
・君と僕の挽歌

□ スペシャル盤(CDS)
1. 愛のカタチ
2. イッショケンメイ
3. Stripes
4. 愛のカタチ(Original Karaoke)

愛のカタチ

プレミアム盤(CDS+DVD)

CRCP-10430 / ¥1,852+税

愛のカタチ

スペシャル盤(CDS)

CRCP-10431 / ¥1,111+税

インフォメーション

「愛のカタチ」1周年記念盤リリースイベント
※終了公演は記載しておりません

6月8日(土)
会場:千葉・イオンタウンユーカリが丘 東街区1Fインフォーメンション前
時間:13:00〜、16:00〜 2ステージ

6月16日(日)
会場:愛知・パレマルシェ西春 2Fアゼリアガーデン
時間:16:00〜

6月29日(土)
会場:愛知・イオンモール岡崎 1Fセントラルコート
時間:14:00〜、17:00〜 2ステージ


THEカラオケ★バトル コンサート2019 in 中野サンプラザ
6月9日(日)中野サンプラザ
【昼の部】OPEN 12:30 START 13:30
【夜の部】OPEN 16:30 START 17:30
チケット代金 ¥6,000(税込)


海蔵亮太 Communication Vol.1.5
7月15日(月・祝)ブルーノート名古屋
【1st】OPEN 16:00 START 17:00
【2nd】OPEN 19:00 START 20:00
チケット代金 ¥6,000(税込)
チケット購入:ブルーノート名古屋
TEL : 052-961-6311(平日 11:00〜20:00 / 土日祝休み)


海蔵亮太 LIVE 2019「Communication Vol.2」

東京公演
9月7日(土)渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
OPEN 16:30 / START 17:00

名古屋公演
9月20日(金)ボトムライン
OPEN 18:30 / START 19:00

大阪公演
9月21日(土)大阪YES THEATER
OPEN 16:30 / START 17:00

チケット代金 ¥4500(1ドリンク別)
※大阪公演はドリンクがございません。

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20