WEB FANZINE

POPSCENE

between popular culture and counterculture

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST RELEASE TOUR LIVE!』インタビュー

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST RELEASE TOUR LIVE!』インタビュー

July 13, 2016 20:00

interview_label
0

「家族とチームが健康でありますように。」初の東名阪ワンマンツアー【"NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST"~Release Tour 2016~】初日、宿泊した大阪のホテルに飾られていた短冊に、NakamuraEmiが書いた願い。7月7日、このツアーを収録したiTunes限定EP『“NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST” RELEASE TOUR LIVE!』と、ライブ会場限定販売 7inchアナログ『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST RELEASE TOUR LIVE!』赤盤、青盤をリリース。今年1月20日に『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST』でメジャーデビューしてから約半年。ライヴやキャンペーンに忙しい日々を送っていた彼女だが、昨年7月7日、メジャーデビューを発表した想い出のMotion Blue Yokohamaで今年も同日開催されたワンマンライヴ【七夕はここで。~2016~】は大成功を納めた。リアルを歌う彼女の歌は男女問わず、日々真剣に葛藤したり戦ったり愛したり愛されたりする人たちから強く支持される。ファンだけでなく、スタッフやバンドメンバー、その他携わる人たちから愛されるNakamuraは、メジャーデビュー後の半年間をどう見ているのだろうか?まずは全公演SOLDOUTした今回のワンマンツアーの話から訊いてみた。


ー 初の東名阪ワンマンツアー【"NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST"~Release Tour 2016~】お疲れ様でした! 良かったですよね。

ツアーファイナル、素敵な記事を書いて頂いて、本当にありがとうございました。


ー とんでもないです!でも実際、代官山UNITでのツアーファイナルもかなり盛り上がりましたが、全公演SOLDOUTでのツアーというのはいかがでしたか?

とにかく初めての色々な感情があって、何と伝えたら良いのか分からないんです。どこの会場もすごく暖かく迎えてくれて、幸せ者だなと思いながらライヴをしていました。


ー プレッシャーみたいなものは無かったですか?

プレッシャーというよりは、ワンマンライヴという形式が本当に久しぶりだったので。


ー 確かにそうですよね。

カフェライヴはちょこちょことやらせて頂いていたんですが、デビューしてから色々なプロモーションで、20~30分くらいのライヴセットをずっと続けていたので、1時間半くらいのワンマンライヴは、雰囲気も含め「どうなるんだろう。」ってすごく不安だったところはありました。でもその不安を吹き飛ばすくらいにみんな暖かかったです。


ー 各地で特に想い出に残っていることは?

大阪公演は初日だったので、すごく緊張していたんです。でも大阪のお客さんって素直に声を出したりしてくれるんですよ!盛り上げてもくれるし。皆さんの、素直に喜ぶ姿や声を上げる姿を見ていたら段々と緊張が溶けていって。その瞬間が分かるんです!だから初日を無事終えられたのは大阪の皆さんのおかげです。ライヴ後に打ち上げをするお店のスタッフさんたちも観に来てくれたんですよ。しかもグッズも買ってくれて(笑)。


ー やはりすごいパワーですね、大阪は。

そうなんです!それに、打ち上げの時もお店でそのTシャツを着てくださって。大阪はそれがとても印象的でした。あと名古屋は、私の音楽活動をずっと応援してくれていた叔母が家族で来てくれたのも嬉しかったかな。それと昔からのファンの方々が多く来てくれて。インディーズ時代から応援してくれている皆さんと会えたのが嬉しかったですし、私がメジャーデビューしてワンマンライヴを行ったことを本当に喜んでくれて。


ー じゃあアットホームな雰囲気だったのでは?

アットホームでした!特に名古屋は。それに名古屋の打ち上げ会場でもスタッフの方たちが私のTシャツを着てお仕事してくださって。嬉しいですね。


ー 何気ないそういう心遣いって嬉しいですね。

はい!東京は、泣いているお客さんがいっぱいいたことが印象的でした。


ー 私もライヴレポートを書きながら結構目にしました。

勿論ライヴ中にフロアは見ているんですが、泣いているお客さんはあまり見ないようにしているんです。自分も泣いちゃうから(笑)。だから普段ならそういう姿を見るとふいに目をそらすんだけど、あの日は「あ、こっちのお客さんも泣いてる。あ、こっちも…。」って、そういう瞬間がいっぱいあって。東京公演では北海道をはじめ、様々な地域から来てくださった方々や初めて私のライヴに来てくださった方もいて、色々な感情を持って来てくれた方が多かったんだろうと感じました。古くから私を支えてくれていた方たちがいて、新しくファンになってくれた方たちもいて。そういう雰囲気がとても印象的でした。

  インフォメーション

Apple Music / iTunes限定EP
『“NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST” RELEASE TOUR LIVE!』
2016.07.07 Release

Haishin_COKM40016_20160624.jpg
COKM-40016
EP:¥900(tax in)単曲:¥250(tax in)
https://geo.itunes.apple.com/jp/artist/nakamuraemi/id1064840924?mt=1&app=music
□ 収録曲
1. スケボーマン ※アナログ未収録
2. チクッ ※アナログ未収録
3. 雪模様 ※アナログ未収録
4. オネガイ
5. Lock & Stop & 不能
6. 使命
7. YAMABIKO

ライブ会場限定販売 7inchアナログ
『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST RELEASE TOUR LIVE!(赤盤)』

AKA_CKJA1001_20160624.jpg
CKJA-1001 / ¥1,500(税込)
□ 収録曲
A面:「YAMABIKO」
B面:「Lock & Stop & 不能」

ライブ会場限定販売 7inchアナログ
『NIPPONNO ONNAWO UTAU BEST RELEASE TOUR LIVE!(青盤)』

AO_CKJA1002_20160624.jpg

CKJA-1002 / ¥1,500(税込)
□ 収録曲
A面:「使命」
B面:「オネガイ」

  ピックアップ

  新着記事

  SEARCH

総力特集!松室政哉

  SPECIAL

総力特集!松室政哉
オフィスオーガスタ特集 アーカイブ
オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Music Chart