WEB FANZINE

POPSCENE

between popular culture and counterculture

スキマスイッチ『LINE』インタビュー page.1

スキマスイッチ『LINE』インタビュー page.1

November 9, 2015 18:30

interview_label
0
1
0

今年はまたスキマスイッチが何やら賑わしてくれそうだ。 11月11日(水)にシングル『LINE』をリリース。TVアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のオープニングテーマとして NARUTOチームと2度目のタッグを組み、今迄にはないスキマスイッチサウンドを聴かせてくれている。「第95回全国高校ラグビー大会」の大会テーマソングでもあるc/wの“ハナツ”では、高校生選手の熱い想いを感じ取って書いた歌詞について語ってもらった。更に、インタビュー後半、POPSCENE篇“スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!!”ではユルさ全開!今回も彼らの様々な面がたっぷりと詰まっている。


ー 前シングル『星のうつわ』のタイトル曲 “星のうつわ” は劇場版『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の主題歌でしたが、今回はTVアニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』オープニングテーマ。 NARUTOは2回目のタッグですね。

常田:そうですね。


ー 今迄『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のオープニングテーマは、疾走感があるタイプの楽曲が多かった気がするんですが。

大橋:ええ。前回、『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』の時もそうだったんですが、アップテンポで疾走感のある楽曲を求められるだろうと思ったんです。でも僕らは少し違う角度から楽曲を作ることで面白いコラボレーションになるかなと思い、ミディアムバラードの“星のうつわ”を作りました。おそらく予想とは全然違うタイプの楽曲だと思われた筈ですが、しっかりとハマったので制作サイドの方にも喜んで頂けました。しかも楽曲を聴いて作家の方が絵を描いて下さったというお話も伺いました。


ー まさににコラボレーションですね!

大橋:はい!そういう経験があった上で、今回『NARUTO -ナルト- 疾風伝』でもう一度オファーを頂いたので、僕らも今迄のオープニングテーマを聴いてみたんですが、先程おっしゃられたように疾走感のある楽曲が多くて。じゃあスキマスイッチらしくコラボレーションする為には、違う角度から攻められたら良いと考えて、あえてテンポを86にしてちょっとアツいロックテイストのサウンドを作ってみました。「86で3連の曲でこういう激し目の曲って、実は僕らあまりやっていないよね?」という話をシンタ君ともしていたので、 それが上手くハマると面白いコラボレーションになるんじゃないかなと思って。


ー LINEというタイトルに繋がる歌詞の発想はどこから来たんですか?

常田:元々「自転車」というアイデアはデモの段階からあったんです。漕いでいるというイメージ。多分普通の4分の4拍子で8ビートだと「車」を連想させるし、もっと遅くなれば「走っている」イメージの気がしたんです。でもこのサウンドは自転車を漕いでいるイメージがピッタリでした。アコギをガーッと掻き鳴らしているところで持つ疾走感というか。でもビートはゆっくりしている感じ。


ー 絶妙なバランスですよね。

常田:ありがとうございます。それと実は使いたいと思っていたヒントも歌詞にしました。「過去か歴史か」という部分なんですが、今年の5月に1ヶ月位インプット期間をいただいたんです。その間に、 例えば実業家の方など音楽関係の方以外とも色々お会いして。そういう方々とお話をさせて頂く中で、自分の経験に対して何かを切り開こうとしている方は「過去か歴史か」という捉え方をしていることが多かったんです。キャリアや年齢が自分たちより上の方とお話すると、自分のことを「歴史」と捉えている、しかもとても前向きに。それに対して僕らと同世代で野心を抱いている方々は「過去」と捉えてるケースが多いんです。「実績というのは、あくまでも後から付いてくるものだから。」って。


ー 常に前を向いているんですね。

常田:そうなんです。それがイメージと違っていたというか。この世代になると野心を持っていても、やっぱり明日のことを考えている人が増えているんですよね。20代特有の、何も考えずにただ突き進む感じではなくて(笑)。家庭もあるし、役職もある。自分の時間軸の遠いところではなく、近いところを見ながら野心を持って突き進んでいる人が多いと感じました。だから「過去か歴史か」という捉え方次第で、切り開き方も変わってくるのかなと思って。そういうのも、ある意味自転車とリンクするなと思い、出て来たのが「轍」という言葉です。轍は自分の道筋、つまり線ということで、“LINE”というタイトルにしました。


ー お二人は、通りすぎた時間を「歴史」と捉えますか?「過去」と捉えますか?

大橋: 僕ら個人的な歴史ではありますが、それでも「歴史」になっているとはあまり思っていないです。伝説のミュージシャンが偉業を成し遂げたという逸話は、よく残っているじゃないですか。


ー ええ。

大橋:ああいうものに僕らがなっているとは、なかなか思えないので(笑)。

常田:「歴史」と言えるのは、小田和正さんとか、かまやつひろしさんみたいな方だよね。たかだか12、3年じゃあね(笑)。

大橋:そうだね。それがもっともっと先になって、誰かが僕らの何かをピックアップして「歴史」という呼び方をしてくれる人がいるかもしれないけれど、僕らのやっていることって、「ただの過去」。そう言うと乱暴に聞こえちゃうかもしれないけれど、本当に2人で日々曲のことを考えて進んできて、作品をリリースする。人生においては歴史を刻んでいるんですが、二人でやっていることは、まだ多分「ただの過去」でしかないでしょうね。

常田:そういう意味では年表止まりだね。でも、今の活動のでやりたいことがやれているのは、スタッフも含めお客さんも盛り上げてくれていた「過去」があるからだと思います。それは実際に活動していると感じることですが。


ー「誰かの轍は足が取られて困る」という歌詞は、自分が信じた道を進むことの大切さや面白さが詰まっていて、スキマスイッチさんの考えそのもののような気がしました。

常田:それは嬉しいです。

大橋:歌詞のたたき台をシンタ君が持ってきた時に、僕もスタッフもその1行はすぐにひっかかったというか、気に入りました。

常田:革新的なことをしたいという欲望は、僕より卓弥の方が強いと思うんです。でも卓弥のそういう部分に、良い意味で乗せられてきて、いつしか僕も完全に革新的なことをやりたくなったし、切り開くことの面白さも知りました。勿論、きちんと設計図を描いて色々なことを決めて行動する面白さも好きなんですが、そういうことではない部分に手を出したら、媚薬みたいというかアルコールのように…ではないですが、酔っていく感じがすごく分かるんです。そうなると、人のやっていたことをやらない方が面白さでは格段に上だと感じます。


ー 少し前まで、スキマスイッチサウンドには新鮮だと思ったシンセが完全に昇華されていて、『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のオープニング映像にもぴったりな上に、楽曲としても、フックにもなっていますよね。

大橋:電子音というかエレクトリックな音を解禁し始めてからは、自分たちの中でもひとつのカラーになりつつあるというか。ひとつの手法として完全に出来上がりましたね。

常田:元々こういう音は好きだし、手を出したかった部分ではあるんですが、崩壊しちゃいそうで。


ー 崩壊?

常田:あれもこれもと煩雑になりそうでもあったし、自分の中でシンセを取り入れるってちょっと怠けているイメージがあるんです。生音じゃないという意味で、「いいのかな?」という気持ちが最初はあって。ただ、直感的なインスピレーションをすぐに形に出来る意味でも、シンセは大切な音であり手法でありスタイルなのは確かです。それを昔は、シンセ以外でシンセっぽく打ち込んで生音に差し替えていたので、どうしても手間暇は2段階も3段階もかかっていました。だからそれをやらなくなると、それはそれでズルをしているような気持ちになったりして(笑)。


ー アハハ。

常田:でもシンセを突き詰めて世界的に名のある方々は沢山いるので、当然だけど手を抜いていることとは違うのかなと。

  リリース情報

スキマスイッチ
「LINE」

2015年11月11日発売

-収録曲-

□ 初回生産限定盤 / 通常盤共通
M1. LINE ~ テレビ東京系アニメーション「NARUTO -ナルト- 疾風伝」オープニングテーマ~
M2. ハナツ ~「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソング~
M3. スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!! -2-
M4. LINE (backing track)
M5. ハナツ(backing track)
*M3はラジオ番組風のトーク・コンテンツ。番組内で「星のうつわ」弾き語りバージョンを収録。

□ BONUS DVD(CD+DVD 初回生産限定盤のみ)
スペシャル・コンテンツ
「スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!! -2-  THE MOVIE」収録!(約27分)
*CD収録のラジオ番組風トーク・コンテンツの映像版(CD未収録トークも収録)

□ アニメ盤・期間生産限定盤 ※2016年3月31日までの期間生産限定
M1.LINE ~ テレビ東京系アニメーション「NARUTO -ナルト- 疾風伝」オープニングテーマ~
M2.ハナツ ~ 「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソング~
M3.スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!! -2-
M4.LINE(anime ver.) *アニメ盤のみTVアニメ・オープニングVer.を収録
M5.LINE(backing track)
M6.ハナツ(backing track)

LINE

初回生産限定盤[2DISCS:Blu-spec CD2+DVD]

AUCL-30032~3 / ¥1,800+税

LINE

アニメ盤・期間生産限定盤[CD]

AUCL-191 / ¥1,300+税

LINE

通常盤[CD]

AUCL-190 / ¥1,200+税

  インフォメーション

スキマスイッチのミッドナイト・グッドモーニン!!-出張編-
※トーク&ミニライブ

■ 東京
日時:2015年11月11日(水)開演 19:00
会場:ゲートシティ大崎ウエストタワーB1アトリウム
入場/観覧フリー ※前方に優先観覧エリアあり
当日CD販売、優先エリア抽選会/9:00~
問合わせ:ゲートシティ大崎イベント事務局 03-3287-1500

■ 大阪
日時:2015年11月14日(土)開演 14:00
会場:あべのキューズモール3Fスカイコート
入場/観覧フリー ※前方に優先観覧エリアあり
当日CD販売、優先エリア抽選会/10:05~
問合わせ:ソニー・ミュージックマーケティング 大阪オフィス 06-4795-8500(平日:10:00~17:00)

□ 優先エリア抽選会等、イベント詳細はスキマスイッチオフィシャルHPへ
http://www.office-augusta.com/sukimaswitch

  コメント

  新着記事

  SEARCH

  PICK UP

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Music Chart

mFound アーカイブ