POPSCENE

sumika、"終わらせない為の終わらせる歌"名バラード「エンドロール」をTHE FIRST TAKEにて初披露!

August 19, 2020 18:15

music_label
0
0
シェア LINE
sumika、"終わらせない為の終わらせる歌"名バラード「エンドロール」をTHE FIRST TAKEにて初披露!

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の新コンテンツ「THE FIRST TAKE」の第46回として、sumikaが名バラード「エンドロール」を、本日8月19日(水)22:00に公開することが決定。

今年春に発表された「Harmonize e.p」に収録されている、片岡健太が作詞・作曲を手掛けたラブバラード「エンドロール」を、今回「THE FIRST TAKE」では、小川貴之(Key./Cho.)の演奏によるピアノアレンジと片岡健太(Vo./Gt.)の歌のシンプルな編成によるパフォーマンスを一発撮りにて収録。3月に楽曲が発表されてから、まだ一度もパフォーマンス披露されたことなく、本邦初パフォーマンス披露となる。

■ 公開URL
https://youtu.be/D9CtQtQMqwQ
(2020年8月19日(水)22時公開)

この楽曲は、片岡健太が「映画を作りたい」という想いで構想から7年かけて願いを叶え、10分に及ぶショートフィルム作品、尺の異なるミュージックビデオも制作され、オリジナル楽曲発表時より配信されている。DL配信のみのショートフィルム作品は、通常のミュージックビデオとは違い、セリフもかぶった映像で、今ドラマや映画等多方面で活躍している若手俳優、南沙良と清原翔が、夢や現実に向き合いながら悩む恋人同士を演じていることでも話題を集めた。

■ エンドロール【Music Video】URL
https://youtu.be/lreC7hf1xR8

また、sumikaは、「THE FIRST TAKE」第44回として、劇場アニメ「君の膵臓をたべたい」のオープニングテーマになった「ファンファーレ」も先日公開。澄み切ったシンプルな世界観の中、小川貴之の演奏による「THE FIRST TAKE」の為だけのピアノアレンジに、片岡健太のまっすぐな歌声が響き渡るパフォーマンスを一発撮りにて収録、現在、250万回視聴を超えている。

■ 公開URL
https://youtu.be/s5zX6hy4bxo

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。昨年にローンチしチャンネル登録者が170万人を突破、さらに動画総再生数が2億8000万回を突破するなど、公開する動画がSNSでも話題になっている。


■ YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」チャンネルトップページURL
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20