POPSCENE

WEB FANZINE

POPSCENE

ましのみ、夏の締めくくるワンマンライブを開催!新コンセプトのワンマンライブの開催を発表!

September 12, 2018 16:00

live_label
0
0
シェア LINE
ましのみ、夏の締めくくるワンマンライブを開催!新コンセプトのワンマンライブの開催を発表!

2018年2月にメジャーデビューし、ワンアンドオンリーの存在感を放つキーボード弾き語りスタイルで活動する現役女子大生シンガーソングライター“ましのみ”が、9月8日(土)に代官山UNITにてワンマンライブを開催し、500名のファンを前に変幻自在のライブを繰り広げた。

“ましのみ”独自の視点で綴られた夏ソングが詰め込まれた1stシングル「どうせ夏ならバテてみない?」(8月1日発売)の発売を記念して開催された今回のワンマンライブ。「ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2」と銘打たれ、メジャーデビュー後2回目のワンマンライブとなった。

普段から「太陽が苦手なので、夏は日が落ちてから出かけます」と語り、平成最後の夏もインドアな夏を過ごしたことを明かした“ましのみ”。登場からいきなり2名のダンサーを従え、意外にもキレのあるダンスでスタートすると、開口一番「タイトル通り、夏バテするくらい盛り上がって最高に楽しんで帰って下さい!」と観客をあおり、最新シングルの「どうせ夏ならバテてみない?」や「ハッピーエンドがみえません」などアッパーな楽曲を立て続けに披露した。さらにしっとりと聞かせるライブ中盤では、未発表曲である「お日様さまさまサマー」をアコースティック・ギターの弾き語りスタイルで初披露。曲によってはピアノを弾かず、ハンドマイクでステージを縦横無尽に使ったパフォーマンスを展開した。つい鍵盤の前での歌唱中心になってしまいがちな弾き語りアーティストのライブの概念を、大きく覆すエンターテイメント性を追求したライブが特徴的だ。

ライブ終盤では「皆さんにもっと“ましのみ”というコンテンツを楽しんでもらいたい。これから先どうなって行くかわからないし、どうするか決めて可能性を狭めたくないので、その時面白いと思ったことをみなさんに届けていきたい」とデビュー半年を過ぎたこれからの“ましのみ”を力強く語った。

ライブではTVアニメ「たくのみ。」のエンディングテーマとしても人気の楽曲「ストイックにデトックス」や「プチョヘンザしちゃだめ」など、ダブルアンコール含め全17曲を披露。未発表曲4曲を組み込むなど、挑戦的なセットリストで観客を圧倒させた。

最後には12月15日(日)にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにて、企画色の強いワンマンライブ「ましのみMashinomiX」を行うこともサプライズ発表した。


■ ましのみ「ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2」
2018.9.8(SAT)代官山UNIT
open16:00 / start17:00

□ SET LIST
M-1. どうせ夏ならバテてみない?
M-2. ハッピーエンドが見えません
M-3. ラッシュガード(未収録楽曲)
M-4. 名のないペンギン空を飛べ
M-5. Q.E.D.
M-6. 四角2の文章題
M-7. プチョヘンザしちゃだめ
M-8. お日様さまさまサマー(未発表曲)
M-9. コレクションof コネクション
M-10. リスクマネジメント失敗
M-11.【サポートされていない恋愛形式です】
M-12. 海水掛け合いっこ
M-13. エゴサーチで幸あれエブリディ
M-14. ホタルの降る夜に(未発表曲)
EN-1. フリーズドライplease(未発表曲)
EN-2. ストイックにデトックス
WEN-1. それ以外

カメラマンクレジット:木村智軌


■ ましのみOfficial HP
http://mashinomi.com/

  関連画像

  Apple Music

  インフォメーション

MashinomiX Vol.1

2018年12月15日(土)
東京 Shibuya duo MUSIC EXCHANGE
開場16:00 / 開演17:00

チケット料金:前売り¥3,500(税込:D別)
*学生は500円キャッシュバック

□ チケット情報
メールマガジン先行開始:http://emtg.jp/feature/mashinomi_duo1215_mail/
<受付期間>9/24(月・祝)23:59まで

  ピックアップ

  SEARCH

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  SPECIAL

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Chart