POPSCENE

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』インタビュー

NakamuraEmi『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』インタビュー

February 22, 2019 18:00

interview_label
0
0
シェア LINE

常に自分の経験や感情を歌にしてきたNakamuraEmiが『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』を2月20日(水)にリリース。昨年3月にリリースされた『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5』収録の「モチベーション」がVolkswagen New Polo 「カワイイだけで、生き残れる時代じゃないから。」RENA篇WebCMソングに起用されたことがきっかけでツアーにGolfが提供され、新たに生まれたコラボレーションソング「相棒」や、もし自分がお母さんになったらと想定した手紙のような「いつかお母さんになれたら」、同事務所の竹原ピストル氏のライヴで受けた衝撃を歌にした「痛ぇ」など、 彼女が得意とする<戦う歌>ばかりでなく、優しさやユーモアなどが歌詞やサウンドからも溢れたアルバムとなった。今年1月にデビュー三周年を迎えたNakamuraEmiが今作で考えたこと、チームへの想いとは?


ー デビュー三周年おめでとうございます!

ありがとうございますー!お陰様で三周年を迎えられました。


ー 私は感動しぃなのでEmiさんのTwitterに載ってたサプライズ動画に目頭熱くなって…。

本当ですか?!(笑)


ー でも、Emiさんがご飯を口いっぱいに頬張ってモゴモゴしているのには笑っちゃったけど(笑)。

あの時、アヒージョとパンを熱い熱い言いながらめっちゃ食べてて(笑)。


ー まさにサプライズっていう感じ(笑)。でもああいうのは嬉しいですよね。

本当に嬉しかったです!スタッフさんから「大切な話がある」って言われたから、異動になっちゃうんだって本気で思ってました。


ー そしたらサプライスのお祝いだったと(笑)。

そう!


ー でも改めてこの三年はどうでしたか?

とても早かったし、楽しいし、人生で一番濃い三年間でした。


ー 今回の『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』は女性としてどう生きるべきか、その不安や喜びが色々な角度からリアルに描かれていて『NIPPONNO ONNAWO UTAU』シリーズで一番好きです。

本当に?良かったです!


ー 改めてEmiさんにとってどういう作品になりましたか?

仕事を終えて家に帰って一人になった時に、ふと思うんです。“音楽の世界にもちょっと慣れてきて、そりゃ楽しいけどこれから女性としてはどうやって生きていくんだろう”って。そんな自分自身の心情からか、女性としてのことが詰まった曲が色々と出来てきたんです。デビューして沢山の刺激をもらい、<新しい光>や<コミュニケーション>などアルバム毎にテーマがありましたが、今回は私自身、一周回って<女性>について考えていたんだなと感じました。


ー Volkswagenとのコラボレーションソングとして書き下ろした「相棒」は、車愛が詰まっていて、まさに車好きのEmiさんならではの歌詞ですね。

そうですね。だからこそ書けた曲だと思います。VolkswagenのGolfをお借りして、その車でツアーを回って感じたことを曲にしました。ツアーから…あ、今日(取材日)引き渡し日なんですが、そこまでずっと貸してくださっていて。


ー 約8ヶ月くらい?

そうですね。だからツアーだけじゃなく、普段のお仕事もGolfに乗って東京と自宅のある神奈川を行き来する中で、“あー、車ってやっぱり大切な存在だな”と、改めて感じながら書けました。


ー「本当はあの時もっとこう言いたかったんだよね ぐちぐちぐちぐちぐちぐち」という部分が、ちょっとEmiさんらしいなと(笑)。

実際はあそこまでぐちぐち言わないですけど(笑)、自分に対して“あ〜あ”って嘆くことはありましたね。今、私は親と一緒に住んでいるんですが、だからこそ車の中でそういう気持ちを切り替える時間が大切だなって。やっぱり一人暮らしだと家に帰っても仕事のことを引きずっちゃうんですよね。でも家族と住むってちょっと違うし、母親の顔を見ると別のスイッチが入るというか。だからその1時間ちょっとが色々な思いを整理する時間となるので、本当に私にとって車の中は宝物のような時間です。


ー いいですね。ではGolfで『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.5リリースツアー』を回っての思い出は?

ライヴハウスに置いておくとお客さんたちが「あのGolfだ!」って見つけて楽しそうに写真を撮ってくれるんですよね。特に女性だと自分で車を持っていない方や、免許自体持っていない方も沢山いらっしゃると思うので、車をもっと身近に感じるきっかけでもあったんじゃないかなと思って。そういうお客さんの姿を見るのが私も楽しかったし、思い出深いです。


ー「相棒」のMVに寄せられたコメントの中で、「この曲を車で聴きたいがために免許をとる」という人もいて。

え!本当ですか?!


ー うんうん!それに対してみんなも「頑張れ!」って応援の返信をしていて、気持ちが温かくなりましたよ。

それは嬉しいですね!私も見てみようっと。

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20