POPSCENE - ポップシーン
POPSCENE - ポップシーン

【レビュー】Little Glee Monster『Journey』

April 20, 2022 20:45

Little Glee Monster

0
シェア LINE

Little Glee Monster、6thアルバム『Journey』のジャケットはピンクを基調とし、スーツケースや飛行機、ターンテーブル(バゲージクレーム)など、まさに《旅》をポップに表現している。

芹奈の再休養に続き、突発性難聴によるmanakaの休養などグループにとって大きな困難に直面する最中のリリースとなったが、アルバムを聴いた後にこのアートワークに目をやると、困難に直面しながらも前向きに人生の旅をしていこうというポイティブな気持ちにさせてくれる。

昨年12月にリリースされた「透明な世界」(TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章エンディングテーマ)でも新たなリトグリを感じたが、今年3月にシングルリリースされ、本作にも収録の「Your Name」では、更に“これがリトグリか?”と耳を疑った人も多いはず。TVアニメ『ヴァニタスの手記』オープニングテーマということもあり、作品に寄り添った音作りや憂いのあるメロディも彼女たちの作品としては新鮮だったが、やはりリトグリの武器のひとつである《声》にかけられたエフェクトには驚きを隠せなかった。

だがキャリアと共に様々な表現へ挑戦出来るのもまた、実力あってのこと。これにはリトグリファンだけでなくヴァニタスファンも納得のはず。またこの曲のMusic Video(以下:MV)では、三浦大知が振り付けを担当したことも大きな話題となった。「Your Name」のc/wで乃木坂46・遠藤さくら氏がMVに出演し、やはり大きな話題を呼んだレミオロメンのカバー「3月9日」や、シンガーソングライターの優里が書き下ろしたラブソング「心に空を」、全英語詞の「Come Alive」、昨年レコーディングし、唯一芹奈も含めた5人での新曲となる「SING」、高島屋『デザイン・ダイアローグ メゾン・エ・オブジェ・パリ展』<4月28日(木)〜5月9日(月)>インスパイアソングの「WONDERLAND」と、サウンドだけでなく内容としても実にバリエーション豊かで、メンバーへの想い、歌への想いが詰まったリトグリの新境地も感じ取れる作品となった。
初回生産限定盤AのDisc2には5人揃って久しぶりのライブとなった昨年6月28日の愛知県、名古屋国際会議場センチュリーホールで開催された「Little Glee Monster Live Tour 2020→2021 >BRIGHT NEW WORLD<」の模様を全曲Blu-rayにて収録するほか、名古屋公演とファイナルの大阪公演のライブ写真を楽しめるライブフォトブックが封入。さらに初回生産限定盤BのDisc2には同ツアーのファイナル公演大阪府、フェスティバルホールのライブ本編の音源が収録。

Information

サブスクリプション