POPSCENE

野田愛実、男女のすれ違いをリアルな世界観で表現した2曲を配信リリース!

August 13, 2020 18:00

music_label
0
0
シェア LINE
野田愛実、男女のすれ違いをリアルな世界観で表現した2曲を配信リリース!

2015年に名古屋ZIP-FM主催のオーディション「SPOTMUSIC AUDITION」でグランプリを獲得し、インディーズレーベルZIP-NEXTよりミニアルバムを3枚リリース、名古屋を中心に、今年2019年の3月迄精力的に活動。そして、2019年4月から拠点を東京に移し、新たに活動をスタートさせた、三重県松阪市出身のシンガーソングライター野田愛実(のだえみ)。

その後、同年4月17日には配信シングル「あまくてにがい」7月24日には「シンデレラは転ばない」を立て続けにリリースし、2019年12月4日には初のインディーズベスト盤ともいえるコンセプトフルアルバム「FM AXIA from Galaxy Radio Station」を声優井口裕香とコラボしラジオ風としてリリース。10月26日に行われた名古屋大須RAD HALL「野田愛実 Live2019~Bittersweet Princess~」ではバンドを従え、キーボード、ギターの弾き語りを駆使した立体的なライブを展開。12月のアルバムリリースを記念としたライブイベントではラジオ番組風という変わった構成でライブを展開。さらにカホンとのアコースティック編成でさらにスキルアップし観客を魅了。また、読売テレビ「マヨなか笑人」内で行われたオーディションを勝ち抜いたメンバーを、ピコ太郎のプロデューサー古坂大魔王がプロデュースして誕生したユニット「コンプレックスレインボー」の配信シングル「I HAVE A COMPLEX」に楽曲提供で参加(作詞は古坂大魔王)。

そんな野田愛実がLyric Advisorを招き入れ、初めて作詞を共作。Lyric Advisorは「青春アミーゴ」「抱いてセニョリータ」など数々の名作を産んだzopp。共作によってリアルな男女のすれ違いを表現している2作品である。「そうでしょ」は-Boy Side-、-Girl Side-の2作構成になっている。”ステイホーム”や”デイスタンス”など今使われるようになった言葉を取り入れたり、同じメロディの楽曲を違うアレンジで全く違う楽曲として表現したりと、今までの野田愛実とは一味違う楽曲。乞うご期待。


■ 野田愛実 Official Website
http://www.nodaemi.com/

インフォメーション

野田愛実「そうでしょ-Boy Side-」
M1そうでしょ-Boy Side-
noda_JK_boy20200813.jpg


野田愛実「そうでしょ-Girl Side-」
M2そうでしょ-Girl Side-
noda_JK_girl20200813.jpg

2020年9月2日(水)リリース

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20