POPSCENE

森山直太朗、新曲MUSIC VIDEOは今まで見たことのない森山直太朗が満載!

July 17, 2020 13:00

music_label
0
0
シェア LINE
森山直太朗、新曲MUSIC VIDEOは今まで見たことのない森山直太朗が満載!

森山直太朗 新章の幕開けとなる新曲「すぐそこにNEW DAYS」が、本日よりiTunes・レコチョクほか主要音楽配信サイト、Apple Music・Spotifyほか各種ストリーミングサービスにて配信スタートした。
本楽曲は、2018年10月から2019年6月にかけて開催された「森山直太朗コンサートツアー2018〜19『人間の森』」(全51公演)の直前に完成し、初演された楽曲。御徒町凧が”書いた記憶の無い詩”として発掘され、そのナンセンスさに共鳴した森山がメロディーを載せ生まれた。

ツアー後も温め続け、今年初めにレコーディング。5月末からのブルーノート&ビルボードライブに併せて配信リリースする予定であった。しかし、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い公演が延期となり、楽曲のリリースも合わせて延期となった。

そんな世界的混乱の中、新曲「最悪な春」が生まれ、5月中旬に自身のインスタライブで披露。「今」この曲を届けたいという強い想いのなか、ギター1本での弾き語りでレコーディング、同月29日に配信リリース。

決して歩みを止めずに音楽を作り続けた日々を経て、「すぐそこにNEW DAYS」を配信リリースすることが決まった。

ビッグバンド調で華やかに初演されたツアーのアレンジから一転、ギター、フィドル、チェロ、バンジョー、ピアノの編成で奏でられ、抜けの良さと軽快かつ疾走感溢れるサウンドが印象的なブルーグラスアレンジに。ブルーグラスや古き良きアメリカの音楽は森山にとっての音楽的ルーツでもある。

加えて本日、配信スタートと同時に「すぐそこにNEW DAYS」MUSIC VIDEOがYouTubeプレミア公開された。

直前に公開された監督による1枚絵のコンセプトアートも話題になり、期待感は高まり、多くのファンが待機する中、7月17日0時いよいよMVスタート。プレミア公開のチャットでは、シーンが進むたびに大盛り上がり、さらに森山本人もチャット上に現れ、興奮は最高潮に。

SNS上でも、「最高に最高過ぎて興奮が止まらなくて、寝られなくなる。。」「底抜けに明るくて、ただただ笑ったMVだったよ」「クセになるぅ~とりあえず3回観ました」「いい寝不足だ。夜中に見るのは衝撃的だった」「何度観ても大爆笑です」「なんだこの世界観」と、深夜にもかかわらず、多くの方を睡眠不足に陥らせるほどのインパクトであったようだ。

このMVは、今まで見たことのない、新しい森山直太朗が詰まっている。

「タンクトップで踊りまくる直太朗」 「激怒する直太朗」 「ビンタされる直太朗」「メリーゴーランドに乗る直太朗」 「メイクする直太朗」「人間ロケットとなる直太朗」「空を飛ぶ直太朗」・・・

底抜けに楽しい、最高に気持ちいい奇想天外な世界観を見せてくれる作品であり、ここから始まる物語の映画のオープニング映像を彷彿とさせる。

本作は、「カレーメシ」「さけるグミ」「ブックオフ」のCM等を手掛けてきた気鋭のCMディレクター佐藤渉氏が初めてMUSIC VIDEOの監督を務め、6月下旬に東武動物公園で撮影を行なった。

「MORIYAMA DREAM LAND CARNIVAL」と名付けられた架空のカーニバルが舞台となり、座長の「NAOTARO」、5名のバンドメンバー「TACT」「JOHNNY」「HARUKA」「DAISUKE」「MR.BANJO」、さらに「2PEOPLE」「MERRY-GO-ROUND-JOCKEY」「BRIDGE TIGER」「CUBE THE GIANT Jr.」「2FACE」「EATMAN」「BALOON MAN」「KAKOO」といった超個性派の仲間たちが登場。新しい日々を手に入れるまでの、座長“NAOTARO”の苦悩と覚醒を、映画やドラマのオープニング映像さながらの世界観で、軽快かつコミカルに描き、物語は進んでいく。

とにかく、観るたびに新しい発見があり、何度でも観たくなるMVが完成した。

*本MUSIC VIDEOは、厚生労働省による新型コロナウイルス感染症予防対策のガイドラインに基づき、検温・消毒作業などを徹底し、健康状態を留意して撮影致しました。


■ 森山直太朗 オフィシャルサイト
http://naotaro.com/

Apple Music

YouTube

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20