POPSCENE

竹内まりや、ライブ映像配信『LIVE Turntable Plus』オフィシャルレポート

May 30, 2021 00:00

live_label
0
0
シェア LINE
竹内まりや、ライブ映像配信『LIVE Turntable Plus』オフィシャルレポート

5/29(土)竹内まりや『LIVE Turntable Plus』ライヴレポート

Zepp Tokyoの客席スペース。2019年にリリースされたアルバム『Turntable』のジャケットでおなじみ、巨大なレコード・プレーヤーのターンテーブル型にしつらえられたサブステージにひとり、メインステージ上のバンド・メンバーたちと対面する形で竹内まりやが立つ。まばゆい真紅のドレス。そのゴージャスなドレスの足元に目をやると、これもまた『Turntable』のジャケット同様のショートブーツ。そのいでたちが、いかにも今、この21世紀の竹内まりやのかっこよさを象徴しているようだ。そう。約40年前、アルバム『ビギニング』のジャケットで無造作にウェスタン・ハットをかぶっていたあの女の子が大人になった姿。そのナチュラルかつキリリとしたたたずまいの美しさに、心が躍る。

2021年2月、CD購入特典の抽選で当選した2000人のみ視聴することができた竹内まりやの初配信ライヴ『LIVE Turntable』。本来ならば昨年、久々のリアルなライヴハウス・コンサートとして企画されていたお宝公演となるはずだったが、予期せぬパンデミックのため残念ながら中止に。その代替企画として昨年11月、無観客という環境下、Zepp Tokyoで収録され、今年2月に限定配信されたものだった。

その『LIVE Turntable』に、さらに2010年~2014年の未公開ライヴ映像6曲を加えた形でより広く一般に向けて有料配信されたのが『LIVE Turntable Plus』。本来ならばまりやさんはこの4月から7年ぶりの全国ツアーに出る予定もあったけれど、それも新型コロナウイルス感染防止のため中止に。ファンは誰もががっかりしているに違いない。でも、今回のこの映像配信は、そんな落胆もひととき忘れさせてくれる素晴らしい仕上がりになっている。

先述したサブステージのターンテーブル上でまりやさんが歌ったオープニング・ナンバーは、『Turntable』にも収録されていた「瞳のささやき」。女性ポップ・カントリー・シンガー、クリスタル・ゲイルが1977年に放ったヒットのカヴァーだ。続いて、まりやさんがメインステージに移動してコンサートは本格的に幕開け。山下“バンマス”達郎が指弾きで繰り出すイントロのギター・リフに導かれて、まりやさんのアメリカン・ロック愛が炸裂する「アンフィシアターの夜」がスタートすると、もう、無観客であることも、そこが会場から遠く離れた自宅であることすら忘れて歓声をあげてしまう。続いて、まりやさん自らエレキ・ギターを抱えて往年のブリティッシュ・ポップへの思いを託した「マージービートで唄わせて」へ。ポップ・カントリー〜アメリカン・ロック〜ブリティッシュ・ポップという、この冒頭3曲の流れだけで、まりやさんの柔軟な“幅”と、時を超えてもけっしてブレることのない姿勢とを感じ取ることができる。

以降もおなじみの楽曲のパフォーマンスが続々。いつもは遠目にしか見えないバンド・メンバーの面々の表情まで楽しめるのは配信ライヴのいいところ。お互いふっと目くばせしたり、ソロ・パートで思わず口元をニンマリ緩めたりしながら極上の演奏を繰り出す最強の腕利きたち。そんな彼らの魅力も再確認。特に、ギターにコーラスに大忙しのバンマスの姿が堪能できるのがうれしい。画面を通じて、うんと近くで語りかけてくるようなまりやさんの歌声や、それを背後でがっちりサポートするバンドの面々の演奏は、生のライヴの熱狂とはまたひと味違う不思議な一体感がある。

中盤、ターンテーブル型のサブステージに戻ってのアコースティック・セットも素晴らしい。シルバーのドレスにお色直し後、終盤に向けての盛り上がりもたまらない。達郎さんとのデュエットで聞かせるエヴァリー・ブラザーズ「All I Have To Do Is Dream(夢を見るだけ)」のデュエットから、まりやさんがピアノで弾き語る「すてきなヒットソング」も泣ける。

ここまでが2月に限定配信されたコンサート本編。その後、アンコールのように過去の未発表映像6曲が続く。生のコンサートでは絶対に実現できない、時空を超えた夢の体験。ライヴでしか味わえない「プラスティック・ラブ」の“達郎大フィーチャー・ヴァージョン”などなど、ここにも見どころ満載で大いに盛り上がる。

エヴァーグリーン。永遠に色褪せない魅力。それがいっぱいに詰まったひととき。最後、まりやさんからの「どうぞお元気で。みなさん、またお会いしましょう」というMCは2014年の言葉ではあるのだけれど。それもまた、まるで今、この時代に向けて我々に放たれたメッセージのように響くのだった。

文:能地祐子(音楽評論家)


■ 2021年5月29日(土)
20:40~竹内まりやと山下達郎の「夫婦放談Plus」。
21:00~本編配信スタート
¥4,500(税込)MUSIC/SLASHにて(アーカイブなし)

□ セットリスト
瞳のささやき
アンフィシアターの夜
マージービートで唄わせて
待っているわ
元気を出して
September
五線紙
悲惨な戦争
天使のハンマー
Oh No, Oh Yes
Natalie
静かな伝説/幸せのものさし
Sweetest Music
All I Have to do is Dream
素敵なヒットソング
(2020年11月20日Zepp Tokyoにて収録の無観客ライブ映像、応募特典として当選者2000人に公開済み・約71分)

プラス未公開ライブ映像(約30分)
「家に帰ろう」2012年(9月2日 山中湖 "Sweet Love Shower2012")
「みんなひとり」2010年(12月4日 武道館)
「駅」2014年(12月20日 武道館)
「「プラスティック・ラブ」2014年(12月20日 武道館)
「人生の扉」2010年(12月21日 大阪城ホール)
「いのちの歌」2014年(12月13日 大阪城ホール)

関連画像

インフォメーション

追加情報
「LIVE Turntable Plus」アンコール配信急遽決定!


MUSIC/SLASHによる本配信には、見逃し配信(アーカイブ)がありませんが、どうしても都合が悪く本日、5月29日の配信をご覧いただけなかった方や、もう一度ご覧になりたいという方のために、アンコール配信をご用意いたしました。アンコール配信では3日間の中からご都合の良い日にちを選んで、ご視聴いただけることになりました。詳しくは下記をご覧ください。

3回とも5月29日(土)22時30分から受付開始
(配信日によって受付終了日が違いますので、ご注意ください)

□ 各日20:40頃からスペシャル音声コンテンツ「夫婦放談Plus 」配信
6月11日(金)21:00〜(6日(日)23:59締め切り)
6月12日(土)21:00〜(7日(月)23:59締め切り)
6月13日(日)21:00〜(8日(火)23:59締め切り)

チケット料金:4,500円(税込)*イープラスでの購入手続きが必要です
チケット購入受付URL:https://eplus.jp/lttpems/
チケット販売枚数:無制限

視聴方法:安定した回線環境において、ご自身の端末でご視聴ください。
購入前に必ずログインのトライアルを実施し、ご自身の視聴環境で視聴可能かどうかをご確認のうえ、ご購入ください。
視聴テストURL:https://trial.musicslash.jp/
*本配信URLは、「配信日2日前の14時以降」にイープラス申込み状況照会サイト(https://eplus.jp/jyoukyou/)に掲載いたしますので、公演前に必ずご確認ください。

動作環境や視聴に関しての注意事項など、詳細は『MUSIC/SLASH』オフィシャルサイトでご確認ください。

■ MUSIC/SLASH お問い合わせ先
https://lp.musicslash.jp/user-contact
営業時間:平日 11:00〜18:00



竹内まりや キャリア初の映像商品
souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜 (Special Edition)
好評発売中!


souvenir_the_movie_20210304.jpg

BD2枚組
WPXL-90242~3 / 税込¥9,900

DVD2枚組
WPBL-90558~9 / 税込¥8,800

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20