POPSCENE

花*花、デビュー20周年記念日にクラシックの殿堂ザ・シンフォニーホールからスペシャルオンラインライブ!

July 27, 2020 13:30

live_label
0
0
シェア LINE
花*花、デビュー20周年記念日にクラシックの殿堂ザ・シンフォニーホールからスペシャルオンラインライブ!

今年、2000年のメジャーデビューから20年目を迎えた花*花。「あ〜よかった」「さよなら 大好きな人」などの名曲をはじめとした33曲を収録した20周年記念ベストアルバム「2×20(ニカケルニジュウ)」をコロナ禍の真っ最中の5月27日にリリース。しかしアニバーサリーイヤーでありながら、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、予定されていた20周年記念ライブや、インストアライブ、全国ツアーが軒並み中止や延期。それでも、この20年間の感謝の気持ちを、なんとしてもファンの方々に届けたいというメンバーの強い思いで、花*花のメジャーデビュー記念日でもある、7月26日(日)に、無観客ライブ配信「花*花 20th Anniversary ニカケルニジュウ Special Online Live」を行った。

会場は、クラシックの殿堂ザ・シンフォニーホール(大阪市北区)。日本初のクラシック音楽専用ホールとして1982年に建設された由緒あるホールだ。パイプオルガンの雄姿を背負った広いステージに、グランドピアノ2台が向かい合ってセッティングされた。エレガントなベージュのレース柄のワンピース姿でステージ袖から静かに登場した2人が深々とお辞儀するところからステージは始まった。ファンからのリクエストも多かった2001年のアルバム収録曲「スープ」、そしてインディーズ時代の名曲「雨の雫」で静かにスタート。続いて2001年のヒット「やっぱり!」で演奏はテンポアップして2人の表情にもリラックス感が戻ってきた。

「見えてんの?これ大丈夫?今このでかいシンフォニーホールで2人の声だけ響いてますが、私の耳には盛大な拍手が聴こえてきました」「なかなかこうやってピアノ2つ分のディスタンスをとって、2人向かい合って演奏することはないですね」

挨拶がわりのMCに続いて、デビュー前にNHKみんなのうたとしても採用された「赤い自転車」。少しジャジーなアレンジで、梅雨空の合間の晴れた空のようなほっこりした空気がお茶の間に流れてきた。続いて、「今日ここに向かう車の中で聴いてきたら、涙が出てきて事故りそうになった」とこじまが紹介してスタートした「ゴール」。共に過ごしてきた相方やファンに向けてのメッセージを込めてアルバム「2×20」のためにおのが書き下ろしたバラードだ。続けてこれも新曲「小さい箱」。「ファンの皆さんのために作ってきたように気がしてたんですが、一番それで救われてたのは自分かもしれないです」と語るこじまによる曲で、ミュージシャンとして、人間として生きる事、そして周りの人への愛を歌ったアンセムのように響いた。

「まきちゃんと出会った頃、あの阪神淡路の震災があって、瓦礫の中をリュック背負って音楽専門学校に通ってました。そこからいろいろなことがあって、今日ここシンフォーニーホールで歌ってるなんて想像もしてませんでした。今年もいろいろな出来事があって、明日明後日、10年後20年後、これからも何があるか分かりませんが、みんなの幸せを祈る気持ちを込めて歌います」と、 劇団山本屋の舞台『午前5時47分の時計台』のために書き下ろした「まだ愛してる」を歌った。‬‬‬‬

約15分の換気休憩として「涙のチカラ」「童神」「乾杯のうた」のミュージックビデオを挟んで、2部は、2000年のアルバム「2 souls」に収録された2人のハーモニーが印象的な「奇跡の裏側」でスタート。「スニーカー履いてシンフォニーホールで歌っていいんでしたっけ?」とお色直しした衣装は1部よりカジュアルなシャツ姿。ちょっとフォーマルな雰囲気の1部よリラックスした空気感で演奏を聴かせた。

そして、スペシャルゲストのバイオリニストNAOTOをステージに迎えて2003年のアルバム「コモリウタ」収録の「風の花」、そして2000年発表の代表曲「さよなら大好きな人」、活動再開後に制作された「こがね菜の花」「キャンディ」の4曲を披露。2人のハーモニーにNAOTOのバイオリンの優雅で艶やかな音色が縦横無尽に絡んで、ステージに彩を添えた。ピアノ椅子から立ち上がってハンドマイクに切り替えたこじまが「20年前の今日、発売したデビュー曲です。みんながいい時楽しい時に流れた曲だと思いますが、私たちがしんどい時にも寄り添ってくれた曲です。20年まきちゃんと続けてこれて。。。あ〜よかった!カモンお茶の間!」と感極まって言葉をつまらせながら紹介して「あ〜よかった」がスタート。続いて「ただただ1秒でも長く愛していたい 長く歌っていたい」と限りある命の時間の中で自身が歌い続ける理由を歌ったゴスペルのような「for a music」をパワフルに演奏した。「こんな時期だからこそ歌う意味があるんだなって思います。ジーンとするのかなと思ったらただただ楽しいです。20年やってみるもんやね。縁もたけなわではございますが、お手元にグラスはお揃いでしょうか。では、カンパ〜イ!」と新曲「乾杯のうた」で、全15曲のステージを締めくくった。手を振りながら笑顔でステージを後にする2人のホっとした笑い声がクラッシックの殿堂に無邪気に響いていた。

元々、2人がピアノを弾き、2人が歌うという演奏形態でスタートしている花*花。ユニットとしての原型と言えるシンプルな形で丸裸の花*花の音が聴けるライブ。ステイホームな4連休の最終日、無観客のホールからの2人の乾杯の発声が、全国のお茶の間に拡がった。


■ 2020.7.26(日)
花*花 20th Anniversary ニカケルニジュウ Special Online Live
(at 大阪 ザ・シンフォニーホール )
Special Guest:NAOTO(violinist)

□ 1st stage
M1. スープ
M2. 雨の雫
M3. やっぱり!
M4. 赤い自転車
M5. ゴール
M6. 小さい箱
M7. まだ愛してる

□ 2nd Stage
M8. 奇跡の裏側
M9. 風の花(w/NAOTO)
M10. さよなら 大好きな人(w/NAOTO)
M11. こがね菜の花(w/NAOTO)
M12. キャンディ(w/NAOTO)
M13. あ〜よかった
M14. for a music
M15. 乾杯のうた


■ 花*花 オフィシャルサイト
https://office-hanataba.com/hanahana/

関連画像

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20