POPSCENE

WEB FANZINE

POPSCENE

Qyoto 中園勇樹、3rdシングル『真冬のダイアリー』インタビュー

Qyoto 中園勇樹、3rdシングル『真冬のダイアリー』インタビュー

December 19, 2018 19:30

interview_label
0
0
シェア LINE

ー 今回は青春エピソードがキーワードですが、まさに今が青春の中園さんが音楽以外で青春を感じることは?

僕、高校時代にサッカーをやっていたんですが、2年生の時に、3年生最後の選手権試合に出場させてもらったことがあったんです。でも京都大会で次勝ったら決勝進出という大切な試合で負けてしまって…。 3年生はこれで引退だし、僕自身、全然良いプレイが出来なくて自分に対して歯がゆくて抑えきれない感情になったんです。もう合わせる顔がないって思ったところに、僕と同じポジションだった先輩が近寄ってきて、なんて言われるんだろうってビクビクして顔も上げられなかったんですが、「ありがとう」って抱きしめてくれて。最後の試合が負けて、しかも自分は出場出来なくて…そんな状況で僕だったら後輩に「ありがとう」なんて言葉をかけられるだろうかって考えたら涙が止まらなかったです。


ー それは聞いているこちらまで目頭熱くなりますね。

その日は今までの人生で一番泣いた日じゃないかと思います。最近は当時の友達とフットサルを楽しんでいるんですが、その時に「こういうことあったよね」って、高校時代のエピソードが溢れる程出てきて。僕が忘れていたことでも友達が覚えていたりするので、思い出して爆笑するみたいな(笑)。でも青春ってその時、気づけないじゃないですか。


ー そうなんですよね。

そうやって過去の話で笑いあえていることが青春だと思うし、これから生きていく上で笑いあえる友達がいることは自分にとって大切な気がします。


ー そのエピソードで1曲出来そうな感じですね。

じゃあ是非曲を作ろうかな…なんて(笑)。


ー 楽曲の話に戻りますが、c/wの『I’m a looser』は音階も印象的でしたし、何より胸キュン感がすごいです!

この曲は先日終了した、琉球朝日放送「口止め禁止」のオープニングテーマだったんですが、踊りたくなるような沖縄の楽しさが伝わるのはこの曲しかないだろうと、ベースとなる部分はストック曲だったんですが、メンバー一致で決まった曲です。


ー 歌詞はHIROKIさんが担当ですね。

勿論ヴォーカリストなので、自分で歌詞を書きたいという気持ちはありますし、実際この曲で僕も歌詞を書いてみたんです。でもHIROKIが書いた歌詞の方が曲に合っていると思ったし、歌詞のストーリーが面白かったので今回はHIROKIの歌詞でいくことにしました。


ー 中園さんから見たこの歌詞の魅力は?

まず、『I’m a looser』というタイトルを見た時、どういう意味なんだろうと気になりました。そこで歌詞に目をやると、結構具体的なワードを入れながらストレスも表現しているし、サビでは同じようなワードを使いつつ相手への想いを時間経過で変化させて、最後は確信になっているところが面白かったです。


ー 中園さんが書かれた歌詞は全然違う視点だったんですか?

全然違いました。曲を聴いた時、休日にどこか遊びに行きたいという気持ちになったので、その気持ちを歌詞にしたんですがHIROKIの歌詞を見た時「負けた!」って思いました(笑)。


ー M3が『真冬のダイアリー - Thanks Message -』。今回は何故Thanks Messageを?

「FM ROCK KIDS」での企画や30周年ライブがなければ 『真冬のダイアリー』は出来ていなかったし、本当に多くの方から青春エピソードを頂いたので、曲に載せて感謝の気持ちを届けたかったんです。でも僕、ああいうことを喋るのが苦手で何回も録り直しました(笑)。


ー そうだったんですね(笑)。

良い感じで進んでいるのに最後失敗したり。自分が考えたメッセージでも、読むのと歌うのではこんなに違うのかと思いました。歌う時は自然と感情が入るんですけどね。


ー こういうメッセージって緊張しそうですね。

緊張しました!最初はびっくりするくらい棒読みになっちゃって、これはやばい!ってなり…(笑)。ただ、歌うように喋ってみたらどうだろうと思ったら、途中からはうまく喋れるようになりました。


ー それだけ感謝への気持ちが強かったんですね。

本当にそうです。それと今回は僕が書いたメッセージを初回生産限定盤のバックインレイにも載せたので、是非そちらも見てもらいたいです。


ー そこにキョウト君は?

キョウト君はまだ完成していなくて。あれ、決まるんかなぁ…(笑)。


ー リリース時は街もクリスマス一色だと思いますが、中園さん思い出のクリスマスは?

子供の頃、PSPが欲しいとサンタさんにお願いして、プレゼントを入れてもらうための赤くて大きな靴下もちゃんと枕元に置いていたんです。でも中に入っていたのがゲームボーイアドバンスで(笑)。


ー ああ、サンタさん間違えたな(笑)。

「そこ間違える!?」ってなりましたよ(笑)。結局、その後自分でお小遣いを貯めてPSPを買いました。


ー 偉い偉い(笑)。

でも大人になって、Qyotoを結成する前はストリートライブをしていたのでクリスマスや冬の曲を歌うことは多かったです。すごく寒いけど結構足を止めてくれる人たちもいて。


ー 例えばどういう曲を?

Mr.Childrenの『抱きしめたい』とか。


ー!!!

あ、好きですか?


ー 大好きです!!でもあの曲、中園さんの世代ではないですよね?

世代ではないですね。でも昔から『抱きしめたい』がずっと好きで、結構歌っていましたね。今年10月に行ったワンマンライブのストリートコーナーでは、ギターのTSUCHIYAと二人でこの曲をカヴァーしました。


ー 2019年1月27日(日)には大阪北堀江hillsパン工場【Qyoto road to Qingdom "新春ワンマンSHOW"】が開催されますが、来年はどういう年にしたいですか?

色々なところでライブをさせて頂くようにはなりましたが、例えば大阪でライブをしても北海道のファンが観に来れないというお話を聞くと、もっともっと各土地を回りたいなと思います。今年は目標にしていたワンマンライブを実現出来ましたので、来年はツアーで全国を回って、まだ僕たちのライブを観たことない人たちにも会いに行きたいです。


ー 最後にポップシーン読者の皆さんへ一言お願いします。

まだQyotoを知らない方も沢山いらっしゃるでしょうし、「きょうと」という語感から まず「京都」を思い浮かべる人が殆どだと思います。それを「Qyoto」にしていけたらと思います。まずは曲を聴いていただき、Qyotoのことを知って頂けると嬉しいです!


ー ありがとうございました。


Interview:秋山雅美(@ps_masayan


■ Qyotoオフィシャルホームページ
http://www.qyoto.jp/

  リリース情報

Qyoto 3rd SINGLE
「真冬のダイアリー」

2018年12月19日発売

-収録曲-

初回限定盤
CD
M1:真冬のダイアリー
M2:I’m a looser
M3:真冬のダイアリー - Thanks Message -
DVD
真冬のダイアリー MUSIC VIDEO
真冬のダイアリー MUSIC VIDEO - making -

通常盤
CD
M1:真冬のダイアリー
M2:I’m a looser
M3:真冬のダイアリー – Instrumental -

真冬のダイアリー

初回限定盤(CD+DVD)

BVCL-932/3 / ¥1,500(税込)

真冬のダイアリー

通常盤(CD)

BVCL-934 / ¥1,000(税込)

  Apple Music

  インフォメーション

「京都恋検定」
KBS京都:毎週土曜21時〜1月19日(土)放送開始
TOKYO MX:毎週火曜24時〜1月22日(火)放送開始

□ 出演者
長畑勝己 / 西原健太 / 山田輝
伊藤千恵子 / 末井櫻子 / 高橋ゆり / 本田宇蘭

□ スタジオMC
白鳥久美子(たんぽぽ)
丸屋九兵衛
三秋里歩(吉本坂46)

□ 主題歌
『君に恋を、心に夏を』/ Qyoto(アリオラジャパン)

□ 番組公式ツイッター
@KyoKoi2019

□ 番組公式ホームーページ
https://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kyokoi/


■ リリースイベント

2018年12月22日(土)
【場所】タワーレコード グランツリー武蔵小杉店
【内容】ミニライブ&特典会
START:13:00
【お問い合わせ先】タワーレコード グランツリー武蔵小杉店:044-431-5171

2018年12月22日(土)
【場所】トレッサ横浜
【内容】ミニライブ&特典会
START:18:00
【お問い合わせ先】新星堂トレッサ横浜店 045-541-4171

2018年12月23日(日)
【場所】あべのHoop 1F オープンエアプラザ
【内容】ミニライブ&特典会
第一部START:13:00
第二部START:15:00
【お問い合わせ先】
タワーレコードHoop店:06-6622-8051
 

■ ライブスケジュール

hillsパン工場presents"平成最後のクリスマスパーティー☆"
2018年12月25日(火)
大阪・北堀江hillsパン工場

Qyoto road to Qingdom "新春ワンマンSHOW"
日程:2019年1月27日(日)
会場:大阪・北堀江hillsパン工場
時間:OPEN 16:30 / START 17:00

  ピックアップ

  SEARCH

  FIND OUT MUSIC!

FIND OUT MUSIC

  SPECIAL

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Chart