POPSCENE

大原櫻子、保護犬猫の譲渡会を体験レポ―ト!映画『犬部!』の見どころや動物保護の大切さを語る!

July 21, 2021 16:00

cinema_label
0
シェア LINE
大原櫻子、保護犬猫の譲渡会を体験レポ―ト!映画『犬部!』の見どころや動物保護の大切さを語る!

片野ゆか著「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)を原案とした映画『犬部!』が7月22日(木・祝)に公開される。

この度、ネスレ ピュリナ ペットケアとのコラボ企画として、7月16日(金)から18日(日)まで、スモールワールズTOKYOにて、保護犬・猫の譲渡会イベントを開催。7月18日(日)には、本作を代表して大原櫻子が登場し、動物保護活動にも注力しているスモールワールズTOKYOの動物保護活動 事務局長・とよた真帆さんと、トークセッションで、映画『犬部!』の見どころや動物保護の大切さについて語った。また、保護犬・猫の譲渡会をより身近なものとして多くの方々に知っていただく為に、大原が自ら、ワンちゃん・ネコちゃんと触れ合い、体験レポートを行った。


■ 映画『犬部!』は、ペットを飼うことの責任、日本のペット社会が抱える問題を、見事に描写された映画

譲渡会イベントは、ネスレ日本 ネスレ ピュリナ ペットケア マーケティング統括部長の大谷 謙介さんによるプレゼンテーションから開始しました。「ネスレ ピュリナ ペットケアは、単にペットフードを開発・販売するだけではなく、『ペットに寄り添い、共に歩む未来へ』をテーマに、保護犬・保護猫の未来を支える活動をサポートしています。映画『犬部!』を観ましたが、ペットの良さ、命の大切さ、ペットを飼うことの責任、日本のペット社会が抱える問題を、ここまで見事に描写された映画は今まで無かったので、多くの人にぜひ観ていただきたいと思いました。一助ですが、映画『犬部!』が広まることを願って、今回ピュリナとして応援をしております。」


■ 大原櫻子 「保護犬・保護猫はたくさんの方が知るべきこと。かわいいだけじゃなくて、一生一緒にいるという覚悟を決めないといけない」

犬や猫と人間の絆について悩み、突っ走る獣医学部の学生たちとその16年後を描いた映画『犬部!』。その中でも大の猫好きで「犬部」の猫担当、佐備川よしみを演じた大原。「私の演じた佐備川よしみは、『犬部』の部員の中でも一番、学生から大人までの間で成長がみられる役だと思っていました。学生の時はイヌ・ネコちゃんがかわいくて大好き、という気持ちでやっていたのが、大人になる16年の間に、動物をかわいいだけではなくて、救いたいという気持ちが増したりする出来事があったので、そういうのがあって彼女は成長したんだな、と色々考えながら演じていました。」とコメント。

トークセッションの後半では、動物愛護に対する自身の考えも。「私はペットを飼ったことが無いので、保護犬・保護猫の活動を身近に感じていなかったんですけど、映画を通して、こんなに私たち人間に幸せをくれるのに、今もどこかで誰かが手放している瞬間があると思うと、これはたくさんの方が知るべきことだと思いましたし、かわいいだけじゃなくて、もし一緒に生活をともにするんだったら、責任をもって一生一緒にいるという覚悟を決めないといけないんだなと、いうことを改めて感じました。」と話しました。

スモールワールズTOKYOの動物保護活動 事務局長を務めている、とよた真帆さんも映画『犬部!』について、「冒頭の10分ちょっとで、私は号泣してしまいまして。青春映画であり、人間ドラマであり、あと真面目に動物に向き合っている社会派に近い映画だなと思って、大感激しました。お子様から大人まで全員に観ていただきたいと思います。」とコメント。また、「私も幼い頃から、保護犬・保護猫に囲まれて育ったので、動物に育てられたといっていいくらいです。保護活動を地道ながらさせていただいていて、今は保護犬1匹と保護猫3匹と暮らしています。みんなで協力して動物との共生が上手くいく、幸せな日本になれたらと思っています。」とお話しされました。

ohara2021072103.jpg
■ 大原櫻子、ワンちゃん・ネコちゃんと触れ合う。自ら体験レポートを実施!

その後は場所を移動して、譲渡会イベントを体験レポート。「この子たちはどこで保護されたんですか?」「この子は何歳なんですか?」など、保護犬・保護猫団体さんへ積極的に質問しました。また、大原に近づいてくるワンちゃんたちをみて「人なつっこくてびっくり!」、元気なネコちゃんたちと触れ合いながら、「『犬部!』の撮影でも、こんなにやんちゃなネコちゃんたちはみたことがないです」など、コメントしました。

関連画像

インフォメーション

映画『犬部!』
7月22日(木・祝)全国ロードショー!


□ STORY
青森県十和田市に、一人の変わり者がいた。花井颯太(林遣都)22歳、獣医学部の大学生。子どもの頃から大の犬好きで、一人暮らしのアパートには保護動物がぎっしり。周りからは変人扱いされても、目の前の命を救いたいという一途な想いで保護活動を続けていた。ある日颯太は、心を閉ざした一匹の実験犬を救ったことから、ひとつでも多くの命を救うため、動物保護活動をサークルにすることを思いつき「犬部」を設立。颯太と同じく犬好きの同級生・柴崎涼介(中川大志)らが仲間となり動物まみれの青春を駆け抜け、それぞれの夢に向かって羽ばたいていった。颯太はひとつでも多くの命を救うため動物病院へ、そして柴崎は動物の不幸な処分を減らすため動物保護センターへーー。「犬部」から16年後。獣医師となっても一途に保護活動を続けていた颯太が逮捕されたという報道をうけて、開業医として、研究者として、動物保護センターの一員として、それぞれの想いで16年間動物と向き合ってきたメンバーたちが再集結するが、そこに柴崎だけがいなかった……。

出演:林遣都 中川大志 大原櫻子 浅香航大 / 田辺桃子 安藤玉恵 しゅはまはるみ 坂東龍汰 田中麗奈 / 酒向 芳 螢 雪次朗 岩松 了
監督:篠原哲雄
脚本:山田あかね
原案:片野ゆか「北里大学獣医学部 犬部!」(ポプラ社刊)

主題歌:「ライフスコール」Novelbright(UNIVERSAL SIGMA / ZEST)

配給:KADOKAWA
©2021「犬部!」製作委員会

□ 公式HP
inubu-movie.jp

□ Twitter
https://twitter.com/inubu_movie

□ インスタグラム
https://www.instagram.com/inubu_movie

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20