POPSCENE - ポップシーン
POPSCENE - ポップシーン

Nulbarich、中村倫也主演ドラマ「珈琲いかがでしょう」のEDテーマ書き下ろし!

March 24, 2021 12:00

Nulbarich

0
シェア LINE
Nulbarich、中村倫也主演ドラマ「珈琲いかがでしょう」のEDテーマ書き下ろし!

Nulbarichが4月5日(月)23:06からスタートするテレビ東京系ドラマ「珈琲いかがでしょう」のエンディングテーマを書き下ろした。新曲のタイトルは「CHAIN」。楽曲は、ドラマスタートに先駆けて4月2日(金)に配信リリースされる。

コナリミサトの同名マンガを実写化した注目のドラマ「珈琲いかがでしょう」は、移動珈琲店を営む中村倫也演じる主人公・青山一が、さまざまな境遇の人に心を込めて淹れた珈琲を提供し、心をほぐしていくヒューマンドラマ。エンディングテーマとして書き下ろした「CHAIN」は、これまでのNulbarichの楽曲とは少し趣が異なり、抑えたトーンのボーカルが特徴的で、今の世を生きる人々がそれぞれで抱える状況の中に差す一筋の光のようなポジティブさが歌われた一曲。ドラマの世界感を反映した歌詞とメロディが彩りを加えている。

原作を読み、ドラマの登場人物の心情を想像しながら楽曲を制作したと言うJQ(Vo.)は、「環境やバックボーンによって作られた今の自分と、霞みがちな心の奥の本来の自分との対話、言葉ではうまく表現できませんがその本質みたいな部分が僕を刺激してくれました。どうか少しでもこの作品がドラマに寄り添えることを心から願っております。」とコメント。

また、青山―を演じる中村倫也は「毎話カフェカーを訪れる悩める登場人物たちや、珈琲を淹れる青山自身、そしてこの作品をご覧になられるすべての方々が、エンディングに流れるこの曲を耳にするたびに、どんよりとした曇り空から差し込む一縷の光を見出せるんじゃないかなと感じました。」と語っている。

日本の 音楽シーンを牽引し、シティカルチャーのシンボルでもあるオープニングテーマを手掛けた小沢健二と Nulbarich。2組が書き下ろした珠玉の楽曲がドラマ「珈琲いかがでしょう」を盛り上げる!

key20210323.jpg©「珈琲いかがでしょう」製作委員会


■ オフィシャルモバイルサイト「Hometown」
http://sp.nulbarich.com/

■ オフィシャルサイト
http://nulbarich.com/

Information