POPSCENE

1970年代音楽シーンを俳優の佐野史郎が辿る!松任谷正隆、林立夫、ブレッド&バターら貴重証言&音源をOA!

October 29, 2020 17:00

music_label
0
0
シェア LINE
1970年代音楽シーンを俳優の佐野史郎が辿る!松任谷正隆、林立夫、ブレッド&バターら貴重証言&音源をOA!

TOKYO FMがエフエム東京として産声をあげた1970年より遡ること2年、はっぴいえんどもサディスティック・ミカ・バンドも存在していなかった日本のロック黎明期に鈴木茂(g)、小原礼(b)、林立夫(ds)で結成された伝説のバンド、SKYE(スカイ)。このバンドのメンバーや当時のシーンに多大な影響を受けたのが、今回の番組でパーソナリティをつとめる、知性的で、ときに狂気的な演技で、圧倒的な存在感を放ち続ける俳優・ミュージシャンの佐野史郎。

70年代からリアルタイムではっぴいえんどや遠藤賢司に心酔し、中津川フォークジャンボリーにも足を運んだ佐野がインタビュアーとなってお届けするこの番組では、日本のロック・ポップス黎明期の70年代の音楽シーンを、2020年に松任谷正隆を加えて再始動したSKYEのメンバー、そして昨年デビュー50周年を迎えたブレッド&バターにインタビューし、当時の証言と共にお届けする。

なお、この番組は2020年11月3日(火・祝)の中で、15:00~15:55に「SDE A」を、19:10~19:48に「SIDE B」を放送する2本立て構成。


■「SIDE A」2020年11月3日(火・祝)15:00~15:55

TOKYO FMが「FM東京」として開局する1970年。そこから遡ること約2年前の1968年に林立夫、鈴木茂、小原礼で結成されたSKYEが、新たに松任谷正隆を加え、今年再結成を果たした。そのきっかけとなった佐野史郎をインタビュアーに迎え、メンバーと共に60~70年代を振り返りながら、当時の活動…特にレコーディングやライヴ、ミュージシャン同士の繋がりなどの話を通じて、あの頃から今へと続く音楽シーンを浮き彫りにする。さらに昨年デビュー50周年を迎えたブレッド&バターのインタビューと、SKYEを加えた10月10日の最新ライヴから名曲「あの頃のまま」もオン・エアー。また佐野史郎がインタビューの相手となった彼ら一人ひとりに充てて選んだ「この人といえばこの曲」という名曲についても取材しながら、当時のディテールを深掘りしていく。


■「SIDE B」2020年11月3日(火・祝)19:10~19:48

「SIDE B」は、「SIDE A」の延長戦として、新生SKYEの4人(林立夫、鈴木茂、小原礼、松任谷正隆)やブレッド&バターへのインタビューと、そこに登場する様々なナンバーを聴きながら佐野史郎が語る、「もうひとつのJ-POP史」を体感できる内容となっている。荒井由実「あの日に帰りたい」のレア・エピソードや、シローとブレッド&バターの名曲「野生の馬」や故・岸部四郎氏との思い出話なども交えながら、さらに佐野史郎が選んだ「この人といえばこの曲 SIDE B」もオン・エアー。当時の音楽シーンをタイムリーに体験し、一緒に歩んできた佐野史郎ならではの話はまさに必聴。この頃を知る世代から、はっぴいえんどやティン・パン・アレー、サディスティック・ミカ・バンドなどの再評価によって近年になったから知った人たち、さらにシティ・ポップ再評価ブームを通じてブレッド&バターに辿り着いた若いリスナーまで楽しめる、充実した内容だ。

インフォメーション

TOKYO FM開局50周年『Legends of J-POP~佐野史郎が語る僕らの音楽』

□ 放送日時
2020年11月3日(火・祝)
15:00~15:55「SIDE A」
19:10~19:48「SIDE B」

□ 放送局
TOKYO FM

□ 出演
佐野史郎

□ ゲスト
林立夫、鈴木茂、小原礼、松任谷正隆、ブレッド&バター

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20