POPSCENE

Uru、映画「罪の声」主題歌「振り子」MV公開!

October 28, 2020 12:00

music_label
0
0
シェア LINE
Uru、映画「罪の声」主題歌「振り子」MV公開!

Uruが本日リリースとなるニューシングル「振り子」のミュージックビデオをオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。

「振り子」はUruにとって9枚目のシングルで、主題歌を務める映画「罪の声」(10月30日公開)を何度も鑑賞して映画のために書き下ろした幽遠なバラード。この曲についてUruは、『生きていると本当に様々な事がありますが、もし今、悲しみや苦しみの中にいて希望を見出せずにいたり、素直に涙を流す事が出来ずにいる方がいるのならば、この曲が「今悪い方へ振っているその振り子は、次は必ず光の方角へ振る」という希望になってくれることを願います。』とコメントしている。

今回公開されたミュージックビデオは、現在YouTubeに公開されているミュージックビデオとライブ映像があわせて3700万再生を突破し、Uruの名を広く浸透させるきっかけとなった楽曲「プロローグ」でも監督を務める稲垣理美とのタッグで作成されたもので、本人がミュージックビデオに出演するのは「プロローグ」以来、約2年ぶりの映像になっている。「振り子」のタイトルとも共鳴するような美しい照明の中で切々と歌うUruの姿が印象的なミュージックビデオが完成した。Uru自身が苦心して描き上げた歌詞とともに注目して欲しい。

映画「罪の声」は、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得し、第7回山田風太郎賞を受賞するなど高い評価を得た塩田武士の小説「罪の声」が原作。フィクションでありながら、日本中を巻き込み震撼させ、未解決のまま時効となった大事件をモチーフに、綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像に迫るストーリーが“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れた物語が大きな話題を呼び、これまでに累計73万部を突破している。

映画で、運命が交錯する2人の男を演じるのは、近年では「銀魂」シリーズでのコミカルな演技から「君の膵臓をたべたい」「人間失格」での繊細な演技まで幅広い役を演じ、満を持して「ゴジラVSコング/(原題)GODZILLA VS. KONG」でハリウッド映画にも進出する小栗旬、映画初主演の「箱入り息子の恋」「地獄でなぜ悪い」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、俳優・音楽家・文筆家として幅広く活躍している星野源が出演。2人が映画で初共演する事でも話題を呼んでいる。

監督は、「いま、会いにゆきます。」「涙そうそう」「麒麟の翼~劇場版・新参者~」「ビリギャル」など、幅広いジャンルの大ヒット作を手掛ける土井裕泰、脚本は、「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」などで土井監督とタッグを組み、「アンナチュラル」「MIU404」も手掛けた野木亜紀子が担当する。

今日発売となるシングルはUruにとって初の両A面シングルで、「Break」は、TVアニメ『半妖の夜叉姫』のために書き下ろされた楽曲で、アレンジャーに気鋭のミュージシャンYaffleを迎えた時空を行き来するようなサウンドが印象的な新機軸のアップナンバー。カップリング曲にはwacci「別の人の彼女になったよ」のカバーソング、今年2月にデジタルシングルとしてリリースしロングヒットを続ける「あなたがいることで」のセルフカバーver.を収録。初回盤には、自身初の開催となったUru Online Live 2020「あなたと私」より「いい女」、「プロローグ」、「星の中の君」3曲のライブ映像と、小松菜奈が出演した事でも話題を読んだ「今 逢いに行く」のMVをブルーレイで収録。アニメ盤(期間限定盤)には、「Break」のTVサイズと、アニメのノンクレジットムービーがブルーレイで収録。ともにトールサイズのデジパック仕様でリリースされる。

今年初春にリリースしたデジタルシングル「あなたがいることで」、セカンドアルバム「オリオンブルー」は、オリコン週間音楽ランキング(2020年4月13日付)で、ソロアーティストとしては史上初のデジタルシングル(単曲)&デジタルアルバム同時1位を記録する快挙を達成。

昨日公開となったソニー1000X シリーズのCMでLiSAと共に、YOASOBIのコンポーサーとしても活動するAyaseが手がけたテーマソング「再会(produced by Ayase)」を歌唱、CM出演した事でも話題を呼んでいる。

これまでのアーティストイメージをアップデートする、サードステージの幕開けを飾るに相応しいシングルに是非とも注目して欲しい。


■ Uru オフィシャルHP
http://uru-official.com

Apple Music

YouTube

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20