POPSCENE

ビートルズ、映画『ハード・デイズ・ナイト』をドライブインシアターで上映!

August 4, 2020 10:30

cinema_label
0
0
シェア LINE
ビートルズ、映画『ハード・デイズ・ナイト』をドライブインシアターで上映!

大阪・吹田市にある万博記念公園お祭り広場に10月31日(土)まで開設される「万博記念公園ドライブインシアター」で、 FM COCOLO協力による映画上映が8月30日(日)に行われる。

上映作品は、20代前半のビートルズが珠玉のビートルズ・ナンバーと共に躍動する音楽映画「ハード・デイズ・ナイト」。

”今”にアップデートされたドライブインシアターで、屋内の劇場とはひと味ちがう、スペシャルなカタチで映画をお楽しみいただきたい。


Summer Of Love 〜『ハード・デイズ・ナイト』

2020年8月30日(日)
開場17時30分 / 開演19時00分
場所:万博記念公園ドライブインシアター

料金:5,000円 / 1台(200台限定)
チケット発売日:8月4日(火)10時
チケットよしもと:https://yoshimoto.funity.jp/
チケットぴあ(Pコード:551-191):https://t.pia.jp/
ローソンチケット(Lコード:52767):https://l-tike.com/

主催: 吉本興業株式会社
協力: FM COCOLO


■『ハード・デイズ・ナイト』

イギリスが世界に誇るバンド「ザ・ビートルズ」の主演映画。1964年に製作・公開され、メンバー全員が20代前半だった若かりし日のビートルズの4人が本人役で登場。ビートルズの楽曲にのせて、彼らが送る生活を描いている。熱狂的なファンに追いかけられながらコンサート会場とホテルを行き来して仕事をしているビートルズ。今日も追いかけて来る熱狂的なファンの群を振り切り、列車に飛び乗るとポールの座席には、なぜかポールの祖父が座っていた。仕方なく行動を共にするが、祖父の悪戯でトラブルが続出。そしてある時、公開テレビ番組でのライブ収録があるにもかかわらず、ポールの祖父にそそのかされたリンゴが姿を消してしまう。残されたジョン、ポール、ジョージの3人は、リンゴを探しに行くのだが……。

日本では64年の初公開時に「ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」の邦題がつけられた。その後、幾度かのリバイバル公開を経て、2000年のデジタルリマスター版から「ハード・デイズ・ナイト」に改められる。19年11月にも、公開55周年を記念してリバイバル上映された。

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20