POPSCENE

ナオト・インティライミ、ハンドボール日本代表のレミたんと初共演!世界を目指している二人だからこそ出来る配信に!

August 1, 2020 16:00

music_label
0
0
シェア LINE
ナオト・インティライミ、ハンドボール日本代表のレミたんと初共演!世界を目指している二人だからこそ出来る配信に!

7月31日に正式ローンチが発表されたTikTokのライブストリーミング機能TikTok LIVEを使用しナオト・インティライミ初のEP作品「オモワクドオリ」のリリース記念として、『ナオトフェスVol.1』を21:00~開催した。ナオトフェス vol.1のゲストはハンドボール日本代表主将で“レミたん”として人気のTikTokクリエーター・土井レミイ杏利氏がゲスト出演。

オープニングからいきなりレミたんがグラスを倒し飲み物をこぼすハプニングもあったものの、息の合った掛け合いは、はじめましてを一切感じさせない、まるで昔の親友にあったようなテンションでTikTok LIVEがスタートした。

前半のトークパートではお互いのTikTokを始めた理由や本職のアーティストとアスリートについての話を中心に展開。時折見せる真面目な話をする二人の真剣な表情が、とても印象的で視聴者は「すごくいい話感動した」などのコメントが多数寄せられた。そして、「一緒に動画撮りませんか!?」とレミたんがナオトに提案すると、即OKを出したナオト!“見ている人が元気になるような”TikTokを一緒に作って投稿したいと二人で語っていた。

配信LIVEも後半にさしかかり、レミたんが視聴者を代表してナオトに歌を歌ってほしいとリクエストしたところ、ナオトはいきなり即興で“レミたんソング”を披露し現場のテンションが一気に急上昇!その勢いのまま、TikTokで大人気楽曲、瑛人の「香水」やYOASOBIの「夜に駆ける」など数曲をTikTokカバーメドレーと題して披露し視聴者の心を“ぎゅっと”つかんでいた。そこからナオトの10年の歴史がわかるシングルメドレーに突入!「タカラモノ 〜この声がなくなるまで〜」「恋する季節」「Brave」「今のキミを忘れない」「いつかきっと」「Overflows~言葉に出来なくて~」のサビ部分をギター1本のアレンジでお届け、更に10/7(水)発売になる初のEP「オモワクドオリ」から表題曲の“オモワクドオリ”を披露した。

naoto20200801.jpg最後にレミたんが“TikTokの動画で元気を伝えたい”と探していた時に出会った楽曲「未来へ」をナオト本人へリクエスト。この楽曲はナオトもこういう時期だからこそ大切に歌ってきた楽曲となっており、今までとは違う弾き語りの「未来へ」にレミたんや視聴者から感動の声が沢山届き、ナオトフェス vol.1は終了した。

ナオト・インティライミと土井レミイ杏利だからこそ作り上げる事が出来た、ナオトフェスの空間に放送終了後も沢山の視聴者から拍手の絵文字が沢山寄せられていた。


■ ナオト・インティライミ Official HP
http://www.nananaoto.com/

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20