POPSCENE

日英ハーフの秘蔵っ子、シンガーソングライター「マシュー・ロー」が新曲リリース&MV解禁!

February 27, 2020 11:00

music_label
0
0
シェア LINE
日英ハーフの秘蔵っ子、シンガーソングライター「マシュー・ロー」が新曲リリース&MV解禁!

日本とイギリスのハーフのシンガーソングライターであり、そのポップ性とキャッチーなメロディーライン、感情をストレートに出す作風が注目されているアーティストMatthew Law(マシュー・ロー)が本日新曲「Portable Sunshine」を配信リリースした。

今作「Portable Sunshine」は軽快かつキャッチ―なサウンドにのせて、不安や葛藤、コンプレックスなど内に秘める感情を吐露しながらも、手の内に“小さな太陽”を握りしめ一日をポジティブに生きようと歌うエールソング。

本日解禁となるMUSIC VIDEOにはAbema TV「白雪とオオカミくんには騙されない」出演で注目される人気若手俳優の鈴木康介が出演。街中を歩きながら、暖かい陽の光に包まれてポジティブな気持ちになっていく。軽快なステップで楽曲の心地よさを見事に表現した作品となっている。

マシュー・ローは「みんなの人生に“太陽”が降り注ぎますように」とコメントしている。


また、現在好評配信中のマシュー・ローのデビュー曲「Want Money」は、アッパーなサウンドながら女々しさを溜めこんだ男の鬱憤を吐き出すポップチューンで、マシュー自身がアレンジを手掛ける。

同曲のMUSIC VIDEOも本日解禁となった。楽曲の躍動感に華を添えるダンサーには弱冠19才にして国内のダンスコンテストで数々のタイトルを手にしているTAKUMIを抜擢。マシューのエモーショナルな歌唱とTAKUMIの感情を爆発させたPOPダンスで「Want Money」の内なる感情を見事に表現している。


またこちらも好評配信中の楽曲「Last Song」はシマンテック社のセキュリティソフト「ノートン」WEB CMに起用されており、繊細な心の揺れ動きが音符のひとつひとつに共鳴する秀作である。是非こちらも聴いてほしい。


マシューはシンガーソングライターでありながらクラシック・ピアニストとしての知名度も高い。4歳からピアノを始め、数々のコンクールで受賞歴多数、世界最高峰のパリの音大を首席で卒業、帰国後もピアニストとしての活動を続けている。そんなマシューのキャリアを象徴するクラシック・ピアノ・ソロ曲も発表しており、ジャズの要素も取り入れた超絶技巧を要するカプースチン作曲「Toccatina」、ドビュッシーの名曲「月の光」も好評配信中だ。

シンガーソングライターとして今この瞬間を感じ歌い、また一方でクラシック・ピアニストとして100年、200年を経ても愛され続ける作曲家の想いをピアノで紡ぐ。新感覚の表現者によるデビューに注目だ。


■ オフィシャルサイト
columbia.jp/matthewlaw/

Apple Music

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20