POPSCENE

Official髭男dism、King Gnuがレコチョクアワード1位を獲得!

February 4, 2020 16:00

music_label
0
0
シェア LINE

レコチョクが、「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2020年1月度」を発表した。

「レコチョクランキング」ではOfficial髭男dism「Pretender」が月間ランキング2カ月連続1位を獲得。2019年公開の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』主題歌として4月に先行配信されて以降、日に日に人気が高まり“ヒゲダン”を一躍スターダムへと押し上げることとなった同曲。初出場となった年末のNHK総合『第70回紅白歌合戦』で歌唱されると、お茶の間を通してさらに幅広い世代へ広まった。また、今年5月1日(金)公開予定の映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』では再び主題歌として新曲「Laughter」の書き下ろしが決定、そのニュースを伝えるテレビやラジオ番組でも「Pretender」を紹介。昨年末から引き続き耳にする機会が多かったこともあり、配信開始から約9カ月経過した今月もダウンロード数を伸ばした。

レコチョクの週間ランキングでは1月15日(水)発表の週間ランキングで1位に返り咲き、その他の週もTOP3以内にランクイン。月間ランキングでは、昨年12月度の月間ランキング首位に続き2カ月連続となる1位を獲得した。1月15日(水)には現在放送中のTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』主題歌となる新曲「I LOVE...」も先行配信が開始され、月間ランキング2位にランクイン。3月からは全国11箇所22公演に及ぶ自身初・最大規模のアリーナツアー『Official髭男dism Tour 2020 - Arena Travelers -』をスタートさせるなど、引き続きヒゲダン旋風は続きそうだ。

「アルバムランキング」ではKing Gnu 『CEREMONY』が初の月間ランキング1位を獲得。3rdアルバムとして1月15日(水)にリリースされた本作は、昨年2月に配信リリースされて以来ロングヒットを記録中の「白日」(日本テレビ系土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌)をはじめ、「Teenager Forever」(ソニー ワイヤレスヘッドホン/ウォークマン CMソング)や「飛行艇」(ANA「ひとには翼がある」篇 TVCMソング)、「傘」(ブルボン「アルフォート」CMソング)といった話題曲を含む全12曲を収録している。

昨年末のNHK総合『第70回紅白歌合戦』初出場時に「白日」を披露したのに続き、1月度は本アルバムのリリースにあわせてKing Gnuのテレビ露出も多く、テレビ朝日系『ミュージックステーション』や日本テレビ系『バズリズム02』といった歌番組の他、TBS系『新・情報7daysニュースキャスター』でも特集されるなど、広く注目を浴びる1カ月間となった。また、井口理(Vo・Key)がパーソナリティを務める毎週木曜日深夜3時から放送のラジオ番組「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送ほか)でも本作の制作秘話やエピソードを紹介するんど、反響を呼んだ。

レコチョクの週間ランキングでは1月22日(水)発表の週間ランキングで初登場1位、2週連続1位にランクインし、月間ランキングでも、初の1位を獲得した。


■ レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2020年1月度(2020年2月1日発表)

□ レコチョクランキング   
https://recochoku.jp/ranking/single/monthly/
1位:「Pretender」Official髭男dism(2019年4月17日配信開始)
2位:「I LOVE...」Official髭男dism
3位:「まちがいさがし」菅田 将暉
4位:「白日」King Gnu
5位:「馬と鹿」米津玄師

□ アルバムランキング
https://recochoku.jp/ranking/album/monthly/
1位:『CEREMONY』King Gnu(2020年1月15日配信開始)
2位:『Traveler』Official髭男dism
3位:『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? 』ビリー・アイリッシュ
4位:『ZZ's』ももいろクローバーZ
5位:『A COMPLETE 〜ALL SINGLES〜』浜崎あゆみ

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20