POPSCENE

高橋幸宏&野宮真貴が登壇!『男と女 人生最良の日々』公開記念トークイベントレポート

January 18, 2020 12:00

cinema_label
0
0
シェア LINE
高橋幸宏&野宮真貴が登壇!『男と女 人生最良の日々』公開記念トークイベントレポート

1966年に製作され、カンヌ国際映画祭で最高賞“パルムドール”を、米アカデミー賞®で最優秀外国語映画賞を受賞するなど、世界中を席巻!男女の機微を見事に描いた恋愛映画の金字塔として今なお語り継がれるクロード・ルルーシュ監督の愛の名作『男と女』。

それから53年後の2人の物語を、当時と同じキャストと同じ役柄で、アヌーク・エーメとジャン=ルイ・トランティニャンが紡いだ愛の奇跡の物語『男と女 人生最良の日々』の特別試写イベントを1/17(金)スペースFS汐留にて実施した。

イベントゲストは1967年の映画『男と女』公開時に劇場で18回鑑賞した高橋幸宏さんと、2016年に映画『男と女』50 周年記念としてフランシス・レイの世界的名曲「男と女」をオフィシャル・サポーター・ソングとして発表した野宮真貴さんという『男と女』を愛してやまないお二人。

音楽活動はもちろん、様々な分野でトップを走り続ける“かっこいい大人”の代名詞であるお二人が本作を通して“大人の恋愛のたしなみ方”をたっぷりと語り、登壇前には野宮真貴さんがアコーディオン奏者を従えてしっとりと「男と女」を歌い上げ、その後、高橋幸宏さんを交えて、映画『男と女』について熱く語るトークイベントを開催した。

クロード・ルルーシュ監督にこれまで2回ほど会ったことがあるという高橋幸宏さん。一足早く『男と女 人生最良の日々』鑑賞した感想を「最初の10分のジャンの表情だけでこの映画は成功と思いました。」「劇中、すごいシュールな映像やギャグを入れてくる、映画なのか夢なの分からない。その映像がすごくいいですよね。」「トリュフォーやゴダールも好きですが、それとこれとは別。こういう映像はルルーシュにしか撮れないと思う。『男と女』は当時としてはとても斬新だったよね。」と語り、野宮真貴さんは「第1作目は、大人の恋のおしゃれ映画として大好きだったので。だから、今回はまたあの二人に会えるという嬉しさ、どういう風に描かれているかという期待と不安が入り混じってみたのですが、また二人が再会して、新しい恋が始まるという本当に素敵で幸せな映画になっていました。」とお二人揃って絶賛。

event2020011801.jpgさらに野宮さんは「前作でのアヌーク・エーメは私にとって大人の憧れの女性像で。第1作目当時の彼女の年齢を超えた今でもそう思っています。私自身ファッションにもとても影響受けていて、ベッドシーンの黒い下着やムートンコート、シンプルなセーター、センターパーツのボブヘア、クラシックなアイラインメイクとか、ちょっと意識しているんです。あと、彼女の髪の毛が艶々でふわっとしていて、、、。加齢していくと普通水分を失っていくものだから、あれはさすがだなと思いました(笑)!フランス人特有のさりげないメイクをしているのですが、赤い口紅をつけているのは女性 であることの誇りのように感じましたね。」とその想いを語った。

event2020011802.jpg劇中に登場する、ドーヴィルの有名なホテルに2回宿泊したことがあると明かした高橋さん。第1作目の「男と女」がヒットしたことで有名になったホテルだが「僕が泊まったのは(劇中で2人が泊まる)26号室じゃないけどね!見学させてくださいとは恥ずかしくて言わなかったけど(笑)、昔と全然変わっていなかった。大好きなホテルです。ドーヴィルは可愛い街だから。虜なんですよ。」と語り、まだ本作を観ていない人について聞かれた高橋さんは「若い人になら『まず、前作を観なさい』っていいますね。そうではない人は、まあ、観なくてもわかるから(笑)。とてもわかりやすいストーリーだし」続いて野宮さんは「私も、若い方なら前作をすぐ観てといいますが、親御さんと一緒に観に行くのもいいのかなと思います!それぞれの恋愛のときめきとか語り合って。」と述べた。

最後、高橋さんが「僕が観たときは中学3年生だったから、親と一緒に行ったことはないですね(笑)。今の中学3年生が観たら頭でっかちな子供になるかもしれませんねえ。お勧めしない!」と語り、場内を笑いに誘った。


■ 公式HP
http://otokotoonna.jp/

インフォメーション

『男と女 人生最良の日々』
1月31日(金)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国ロードショー


poster20200118.jpg

□『男と女 人生最良の日々』STORY
いまや記憶を失いかけている元レーシング・ドライバーの男ジャン・ルイ(ジャン=ルイ・トランティニャン)。過去と現在が混濁するなかでも、かつて愛した女性アンヌ(アヌーク・エーメ)のことだけを追い求めていた。そんな父親の姿を見た息子は、アンヌを探し出すことを決心。その想いを知ることになったアンヌはジャン・ルイの元を訪ね、そしてついに、別々の道を歩んでいた2人は再会を果たすことになる。長い年月が過ぎたいま、アンヌとジャン・ルイの物語がまたあの場所から始まろうとしていた……。

監督:クロード・ルルーシュ『男と女』『白い恋人たち』『愛と哀しみのボレロ』『アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲』
出演:アヌーク・エーメ『男と女』『モンパルナスの灯』、ジャン=ルイ・トランティニャン『男と女』『愛、アムール』、スアド・アミドゥ、アントワーヌ・シレ 
音楽:カロジェロ、フランシス・レイ『男と女』『ある愛の詩』 
(c) 2019 Les Films 13 - Davis Films - France 2 Cinéma 
2019年 / フランス / 90分 / フランス語 宣伝プロデュース:サルーテ 
配給:ツイン

ピックアップ

iTunes TOP 20