POPSCENE

みゆな、ユーザー数8億人の音楽配信サービスにてJ-POPアーティスト1位の座を獲得!

October 10, 2019 18:30

music_label
0
0
シェア LINE
みゆな、ユーザー数8億人の音楽配信サービスにてJ-POPアーティスト1位の座を獲得!

タワーレコードバイヤーが推す「タワレコメン」、YouTube「Artists to Watch 2019 ~注目の新人~」に選出、「FUJI ROCK FESTIVAL’19」への出演など、歌唱力と世界観が「異才」と評され、注目が集まる新世代シンガーみゆな。

先日、日本テレビ系情報番組「ZIP!」に取り上げられると、瞬く間にSNSで火がつき国内音楽配信サイトでランキングが急上昇。今度は日本国内だけでなく中国でも快挙を成し遂げた。

ユーザー数が8億人も存在していると言われている中国の大手音楽配信サービス「Netease Cloud Music(網易雲音楽)」において、みゆなのニューアルバム「ユラレル」が2019年第3Q(7月〜9月)のJ-POPアルバム1位に選出されたのだ。

https://music.163.com/m/at/5d8c957e74cc99cc1889f092

このランキングは、楽曲の再生数だけではなく、ユーザーからの好意的なコメントやユーザー同士の推薦シェア数などを総合的に判断しランキング化されており、米津玄師、TWICE、テイラー・スウィフトなどが名を連ねる中にトップでランクインしていることからも、みゆなの音楽が中国においても高く評価されていることがわかる結果だ。

中国人気の最初のきっかけとなったのは、今年の4月にデジタル配信された「僕と君のララバイ」という楽曲。 世界中にファンを抱える大人気TVアニメ「フェアリーテイル」のエンディングテーマとなっていた同曲は、日本のアニメに興味のある中国の若年層がみゆなを知るきっかけとなった。

しかし、みゆなに関心を持ったのはアニメファンだけではない。中国版ツイッターとも言われるSNS「weibo」で、1,400万人以上のフォロワー数を持つ影響力のある音楽評論家「耳帝」氏が、みゆなを絶賛する記事をweiboに投稿したのだ。その結果、投稿に添付された、彼女の作品「ふわふわ」のMusic Videoが1日で約100万回再生され、またたく間にみゆなの存在が中国の多くの人に知れ渡る結果となった。「これが高校生の歌声なんて信じられない!」「日本のロック音楽の魅力を感じることができた!」など、中国の音楽ファンから多数の高評価、を得たみゆな。

17歳新人シンガーが、日本だけでなく、アジアに新たな旋風を巻き起こす予感を感じさせる。


■ みゆな オフィシャルサイト
https://www.miyunamiyuna.com/

Apple Music

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20