POPSCENE

エド・シーラン、ジャパンツアーが幕を閉じる!最終日には初来日時のエピソードも!

April 24, 2019 15:00

music_label
0
0
シェア LINE
エド・シーラン、ジャパンツアーが幕を閉じる!最終日には初来日時のエピソードも!

2017年に発表した『÷(ディバイド)』が世界中で大ヒット。収録曲「Shape Of You」は2018年日本のストリーミング・サービスで軒並み1位を獲得するなど、日本においても圧倒的知名度を誇るシンガーソングライター、エド・シーラン。この最新アルバム『÷(ディバイド)』ワールド・ツアーの一環で、日本では自身初となるドーム公演を4月9日東京ドーム、4月23日京セラドーム大阪にて開催。両日とも即完売し、2日間合わせて9万人を動員した。

エド・シーランにとって平成最後の日本公演となった今回の大阪公演では、終始エドの大阪愛が炸裂。いつも通りの飾らないシンプルな衣装でギター片手に登場したエドは「大阪、コンニチハ!」と叫び、「大阪楽しんでる?」、「大阪のみんな、歌って!」と「大阪」を連発、「2012年の初来日の時には大阪のタワーレコードでライブをしたんだ。その時は20人くらいのファンが来てくれて。その時来てくれた人は今日いるかな?」と、初来日の時の大阪のエピソードも披露した。

その初来日の時とは比較できないほどのファンの前でパフォーマンスするエドだが、不思議と彼とファンとの距離感が変わらないように感じるのも彼の魅力の一つ。1本のギターで音をどんどん重ねていき、そこにファンの手拍子、コーラスがエドの歌に加わることでライブならではのスケール、一体感が生まれていく。疾走感が心地よい「Castle On The Hill」や「Galway Girl」から、ハンド・マイクでステージを縦横無尽に動き回り歌う「Eraser」のようなラップを繰り出す歌。そして自然とスマートフォンのライトが会場に浮かび上がり、幻想的な空間の中で歌われる「Thinking Out Loud」や東京公演では披露されたなかった失恋をテーマにした「Happier」のようなバラードと、幅広いスタイルで約2時間、会場を終始魅了した。

今回の来日公演の直前に公開された、漫画家ほしよりこさんが手掛けた「スーパーマーケット・フラワーズ」は現在YouTubeで公開中。https://youtu.be/XpF9Y7rcqBs

また、今回の来日を記念して造られたオリジナルTシャツ、コーチジャケットはワーナーミュージック・ジャパンの通販サイト「ワーナーミュージック・ダイレクト」で発売中だ。


2019年4月23日 京セラドーム大阪公演
■ セットリスト
1. Castle On The Hill
2. Eraser
3. The A Team
4. Don’t / New Man
5. Dive
6. Bloodstream
7. Happier
8. Tenerife Sea
9. Medley
10. Galway Girl
11. I See Fire
12. Thinking Out Loud
13. Photograph
14. Perfect
15. Nancy Mulligan
16. Sing
17. Shape Of You
18. You Need Me, I Don’t Need You

Apple Music

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20