POPSCENE

Nulbarich、最新アルバムに収録の新曲が「デザイナー 渋井直人の休日」エンディングテーマ曲に決定!

December 27, 2018 13:30

music_label
0
0
シェア LINE
Nulbarich、最新アルバムに収録の新曲が「デザイナー 渋井直人の休日」エンディングテーマ曲に決定!

Nulbarichが、来年2019年2月6日にリリースする3rdフルアルバムのタイトルとジャケット写真、CD収録楽曲の内容を発表。1月17日スタートのテレビ東京木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」のエンディングテーマ「Sweet and Sour」が収録されることも決定した。

“宛名の無いラブレター”と題された今作『Blank Envelope』は、スマッシュヒットを記録中の前作『H.O.T』以来約1年ぶりとなる3rdアルバム。シチズン クロスシーのCMソング「VOICE」や、今夏の資生堂アネッサのCMソングとして話題になった「Kiss You Back」、三井アウトレットパークのCMソング「All to Myself」、映画「台北暮色」のエンディング曲「Silent Wonderland」に加え、1月17日25:00からスタートするテレビ東京の1月クール木ドラ25枠(毎週木曜深夜1時)「デザイナー 渋井直人の休日」のエンディングテーマにリード曲「Sweet and Sour」が決定するなど、タイアップ曲を多数収録した多彩なアルバムとなる。また、限定盤付属の『The Remixes –Special Edition-』には、配信限定のリミックスEP『The Remixes』の4曲に加え、新たに「VOICE」の3バージョンのリミックスが追加収録。さらに、限定盤は貴重なライブやドキュメンタリー、インタビュー映像を100分以上収めたBlu-ray/DVDも付属した3形態となり、収録内容は過去最大のボリュームでのリリースとなる。また、アーティスト写に引き続き長場雄が手がけたアートワークも公開に。音楽とともにNulbarichの進化した一面がみれるかのような、今までの作品とは一線を画すようなジャケット写真に仕上がっている。

注目のドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」は、「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」で知られる渋谷直角が「otona MUSE」(宝島社)で連載している同名コミックの実写化ドラマ。今作で連続ドラマ単独初主演となる光石研が、おしゃれな日常を過ごすも、次々と現れるヒロインたちに右往左往する中年デザイナー・渋井直人を演じ、「ちょっぴり“痛い”けど、愛らしい。中年・渋井直人の日常と恋愛模様」がコミカルに描かれたドラマになっている。ドラマ制作サイドの熱烈なオファーによりエンディングテーマに決定した「Sweet and Sour」が、ドラマの世界感を反映した歌詞とメロディで、渋井直人の日常に彩りを添えている。

光石研は、Nulbarichがエンディングテーマを担当することについて、「心地いいリズムがダサい1日を救ってくれる」とコメントを寄せ、Nulbarichにとって初となるドラマタイアップ曲についてJQは、「個人的にはかなり曲とドラマのコンセプトがドンハマりしてる気がしてて、少しでもドラマを彩る何かになれる事を心から願ってます!」と制作時の心境を明かした。

デビューからわずか1年も経たずして、TV-CM多数起用、さらに日本武道館ソールドアウトと今や押しも押されもせぬ存在のNulbarich。最新アルバム『Blank Envelope』を引っ提げて、3月から4月にかけて5都市のZepp含む全8カ所9公演のツアー「Nulbarich ONE MAN TOUR 2019 - Blank Envelope」の開催も決定しており、ますます今後の活躍が期待だ。


JQ コメント

何気ない毎日を彩る色んな感情と自身が向き合って楽しんでるイメージで書きました。個人的にはかなり曲とドラマのコンセプトがドンハマりしてる気がしてて、少しでもドラマを彩る何かになれる事を心から願ってます!本当に楽しみにしてます!


主演:光石研 コメント

心地いいリズムがダサい1日を救ってくれる。目黒川がイーストリバーに見えてきた!「Sweet and Sour」を聴きながら、中目まで歩こ。リバーサイドでいなたくレイドバック。明日からまた頑張ろう!ありがとう。Nulbarich!by渋井直人(a.k.a 光石研)



■ 番組公式HP
https://www.tv-tokyo.co.jp/shibuinaoto/

■ Nulbarich オフィシャルサイト
http://nulbarich.com/

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20