POPSCENE

ボブ・ディラン、1966年の未発表ライヴ映像公開!

December 2, 2016 19:00

music_label
0
0
シェア LINE
ボブ・ディラン、1966年の未発表ライヴ映像公開!

ボブ・ディランの1966年伝説のライヴ『リアル・ロイヤル・アルバート・ホール』と36枚組限定ボックス『ライヴ1966』の発表に合わせて、オフショット映像も含めた1966年のツアーの未発表ライヴ映像と、サウンドエンジニアとしてツアーに同行したリチャード・オルダーソンのインタビューとともに綴ったミニ・ドキュメンタリーが日本語字幕付きで公開された。

当時の模様を紐解く貴重な証言とともに、当時を振り返りながら流れる映像により、その舞台裏が浮かび上がる貴重な映像である。

https://www.facebook.com/legacyjp/videos/1148466465249607/ 
 
『リアル・ロイヤル・アルバート・ホール』は1966年5月26日(ディランの25歳の誕生日の2日後)の英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホール公演を収録した2枚組ライヴ盤。話題となった海賊盤のせいで何十年もの間、1966年5月17日のマンチェスターのフリー・トレード・センターのライヴが間違って『ロイヤル・アルバート・ホール』とされてきたが、ようやく「本当の」ロイヤル・アルバート・ホール公演が初めて商品化されることになった。バックをつとめるのは後にザ・バンドを結成する面々。

フォークからロックへの移行期に当たるこの時期はエレクトリック・サウンドが気に入らない観客が多く、ブーイングが渦巻く中、観客が求めるものに対して、殻を破って新たな創造の道を突き進むディランの生の姿を確認することができる。この公演も前半がアコースティック、後半がエレクトリックという構成で、後半はまるで戦いのようにステージと客席が対峙する曲間の模様もそのまま全て収録したドキュメンタリー作品。1966年5月歴史的名盤『ブロンド・オン・ブロンド』(ロック界初の2枚組)発表直後、ロックの歴史が変わる瞬間を捉えた歴史的にも貴重で重要なライヴ音源といえる。また、同時発売で1966年の現存するディランのライヴ音源をすべて詰め込んだ36枚組限定ボックス『ライヴ1966』も発売となっている。

またノーベル賞授賞式が行われる12月10日の午後9時からNHK総合でボブ・ディランの『NHKスペシャル』が放映されることが決定した。タイトルは「ボブ・ディラン 〜ノーベル賞詩人の素顔〜 (仮)」。NHKスペシャルで海外ミュージシャンを単独で取り上げるのは史上初となる。番組の詳細は下記。


●番組タイトル:NHKスペシャル「ボブ・ディラン 〜ノーベル賞詩人の素顔〜 (仮)」
放映日:2016年12月10日(土)午後9時00分〜9時49分
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20161210


更にNHK BSでもNHKスペシャルの前後に、下記ボブ・ディラン関連の映像作品を放映する

●12月10日(土)0:00〜1:53 NHKBS1『ノー・ディレクション・ホーム』(前編)※9日深夜
●12月11日(日)0:00〜1:35 NHKBS1『ノー・ディレクション・ホーム』(後編)※10日深夜
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/program/dylan01.html

●12月11日(日)23:00〜25:35 NHKBSプレミアム『BOB DYLAN Master Of Change〜ディランは変わる〜』
http://www.nhk.or.jp/yougaku80/program/dylan02.html


次世代へボブ・ディランのレガシー(遺産)を受け継いで行こうというキャンペーン『DYLANがROCK』も実施中。その中のリード商品として、ボブ・ディランの50年の歴史を2枚のCDに詰め込んだ入門編となるオールタイム最新ベスト盤『ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ボブ・ディラン』も12月7日に日本発売となることが決定している。ノーベル文学賞受賞で初めてボブ・ディランを知った方々や、名前は知ってはいるものの何をどこから聴いたらいいかわからないという方々のための決定版ベスト・オブ・ベストで、史上最高のロックソング「ライク・ア・ローリング・ストーン」、歴史的プロテスト・ソング「風に吹かれて」、エリック・クラプトンやガンズ・アンド・ローゼス他様々なアーティストもカバーした「天国への扉」他、2012年のオリジナル作品『テンペスト』までの約50年間の代表曲・重要曲を35曲CD2枚に詰め込んだオールタイム・ベストで、2013年最新リマスター、日本盤のみ高品質Blu-spec CD2仕様となる。日本版ブックレットには解り易いバイオと曲目解説に加え、それぞれの歌詩から訳者である中川五郎氏が“グッとくる”格言のようなフレーズをセレクトした「この一行とこの一言」、みうらじゅん氏と浦沢直樹氏がベストの次に聴くべき10枚を推薦する「わたしの10枚」なども収録し、ボブ・ディランの入門編として最適な内容になっている。


■ ボブ・ディラン・オフィシャル・サイト
http://www.sonymusic.co.jp/bobdylan
http://bobdylan.com/

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20