POPSCENE

YUKI、全国ホールツアー完走!東京国際フォーラム公演の模様を放送決定!

July 10, 2019 18:00

live_label
0
0
シェア LINE
YUKI、全国ホールツアー完走!東京国際フォーラム公演の模様を放送決定!

YUKIが7月7日名古屋国際会議場センチュリーホールにて『YUKI concert tour “trance/forme” 2019』のファイナルを迎えた。本ツアーは、『YUKI concert tour “Dope Out” ’15』以来約4年ぶり、全24公演が行われた待望の全国ホールツアーだ。2019年2月にリリースした9枚目のオリジナルアルバム『forme』の収録曲を中心に、ライブに欠かせない代表曲や人気曲を交えながら、全23曲を披露した。

『forme』は、YUKIがセルフプロデュースを行い、全曲の作詞、ほぼ全ての楽曲の編曲に参加。自身が敬愛・尊敬するミュージシャンたちに作曲を依頼し、YUKIが“2度目のソロデビュー”を迎えたような新鮮な気持ちで作り上げたアルバムだ。ライブは、爪弾かれるアコースティックギターと口笛の音色、YUKIの滔滔とした歌から始まる「美しいわ」からスタート。『forme』の中で唯一YUKIが作詞・作曲を手がけ、アルバム最後に収録された一曲だ。逆光の中でシルエットのみが確認できたYUKIの姿は、『あさイチ』(NHK総合)テーマソングとしてもおなじみの「チャイム」で全貌が明らかに。ピンクのボリューミーなミニ丈ドレスに身を包んだYUKIは大きな歓声に迎えられ、続く「ランデヴー」では躍動感あるパフォーマンスで観客のボルテージをあげた。

YUKIは会場に集まったファンに向けて感謝の思いを伝えると、「ただいま」(堀込泰行作曲)、「転校生になれたら」(川本真琴作曲・STUTS編曲)とアルバム『forme』の楽曲を続けて披露。「転校生になれたら」はジャズ風のアレンジが施され、ミュージカルさながらの表情豊かな歌声で観客を魅了した。「惑星に乗れ」でパワフルにステージを駆け回った後、ピアノ伴奏のみで始まった「口実にして」(前野健太作曲)は、楽曲の中に宿るストーリーを朗読するかのように歌い上げる。細野晴臣が作曲・編曲・楽曲プロデュースを手がけた「Sunday Girl」は先日、アナログEP盤もリリースされた特別なナンバー。「しのびこみたい」(NONA REEVES・西寺郷太作曲)は原曲よりもさらに濃密なR&Bアレンジで届けられた。

コンテンポラリーな音楽と映像によるブリッジムービーを挟み、再びステージに現れたYUKIは、ロングヘアに純白のパンツスタイルで登場。「トロイメライ」「歓びの種」で歌に合わせて身体を動かすと、衣装にあしらわれた大きなフリルが様々なYUKIのフォルムを形作る。その後も「プリズム」や「ひみつ」など、YUKIのレパートリーの中でも繊細で華麗な楽曲群が続けて披露され、しなやかな身体の動きとYUKIの美しい歌声がリンクする幻想的なひとときとなった。そして、クリープハイプ・尾崎世界観との制作エピソードも語られた「百日紅」は、曲後半にドラムをプレイしながら情感たっぷりに歌唱。続く「24hours」(Chara作曲)でも、エモーショナルな歌声を響かせた。

ツアーバンド“ザ・トランスフォーマー”がグルーヴィーなセッションで会場を温める中、黒のミニドレス、ストレートボブに再びスタイルチェンジしたYUKIがステージへと舞い戻る。セッションにドラムで参加しソロパートもバッチリ決めると、いよいよライブは終盤へ。「魔法はまだ」(吉澤嘉代子作曲)、「風来坊」(赤い公園・津野米咲作曲/トオミヨウ編曲)と緩急つけたダンサブルなナンバーで勢いをつけると、そのまま「鳴いてる怪獣」や「ワンダーライン」で会場を一体に。ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』主題歌「やたらとシンクロニシティ」を軽快に歌い上げた後は、YUKIの代名詞でもある「JOY」、ライブアンセム「はみだせ ラインダンスから」で盛り上がりは最高潮へ。ラストは、力強く高らかに歌われる〈戦うのは自分よ〉というメッセージが心に残る「フラッグを立てろ」で幕を閉じた。

多彩なライブアレンジを取り入れながら、新旧楽曲を“今のYUKIの歌”として自由に歌い奏でた『YUKI concert tour “trance/forme” 2019』。本ツアーから6月16日に開催された東京国際フォーラム ホールAでの公演の模様が、フジテレビTWO ドラマ・アニメにて10日27日(日)に放送されることが発表された。また11月には2017年開催の『YUKI concert tour“Blink Blink”2017』、12月には2015年に開催された『YUKI concert tour“Dope Out”'15』も同局にて放送されることがそれぞれ決定しているので、この機会にテレビでもYUKIのライブをチェックしてみよう。


■『YUKI concert tour “trance/forme” 2019』
7月7日(日)名古屋国際会議場 センチュリーホール公演
セットリスト
1:美しいわ
2:チャイム
3:ランデヴー
4:ただいま
5:転校生になれたら
6:惑星に乗れ
7:口実にして
8:Sunday Girl
9:しのびこみたい
10:トロイメライ
11:歓びの種
12:プリズム
13:ひみつ
14:百日紅
15:24hours
16:魔法はまだ
17:風来坊
18:鳴いてる怪獣
19:ワンダーライン
20:やたらとシンクロニシティ
21:JOY
22:はみだせ ラインダンスから
23:フラッグを立てろ


■ YUKI Official Site
http://www.yukiweb.net/

関連画像

インフォメーション

YUKI concert tour “trance/forme” 2019

□ 放送日時
10月27日(日)21時~22時30分放送

□ 放送 / 配信チャンネル
フジテレビTWO ドラマ・アニメ / フジテレビTWOsmart

□ 番組URL
https://otn.fujitv.co.jp/yuki/



フジテレビTWO presents YUKI 3か月連続ライブ映像作品放送!2019.10-12

□ 2019年11月放送
「YUKI concert tour “Blink Blink” 2017」(2017年)
アルバム『まばたき』を引っ提げ、ソロデビュー15周年を記念して開催したアリーナツアー。15年間でYUKIが紡いできたアニバーサリーイヤーにふさわしい人気楽曲も多数演奏された。

□ 2019年12月放送
「YUKI concert tour “Dope Out” '15」(2015年)
2015年に行われた全国ツアー「YUKI concert tour“Dope Out”’15」から6月の東京国際フォーラムでの公演を映像化した作品。

ピックアップ

RECOMMEND

iTunes TOP 20