POPSCENE

WEB FANZINE

POPSCENE

DEPAPEPE、ほろり二人旅2018全行程終了!

July 23, 2018 14:30

live_label
0
0
シェア LINE
DEPAPEPE、ほろり二人旅2018全行程終了!

2018年4月21日の山形公演よりスタートした今回のツアーは、DEPAPEPEメンバー2人だけで、全国25箇所で25公演のLIVEを行うというものでした。みな個性的な空間でそこにしか存在しない音が潜んでいて、『ほろり二人旅』だからこそ、そのプリミティブな音に身をまかせて、その土地の観客と作り上げていく醍醐味がすべてに感じられたツアーになりました。

前半戦の東北方面シリーズでは、カフェやレストラン、Barといった日常的な場所で、1つ1つの音を会場とお客様と対話しながら今回の『ほろり二人旅』の本質を確認するアットホームな土台を固めて行き、途中に入るライブハウスでギタープレイやサウンド等を強固にしながら、全体の骨格が仕上げていく様な時間でした。

そこからの九州シリーズは、とにかく練度を高めながらお客様のさまざまな反応に合わせてMCバリエーション、演奏スタイルなどの幅が肉付けされたいきました。

次に本土に戻って、週末にLiveというスケジュールの安定と確立してきた構成に、各会場がまとっている空気がマスキングされて、それぞれに色合いが変化するとびっきり1回性の高いLiveになっていきました。

中盤に、屋久島での行えたことは、Liveという原始的な宴を体感できてより『ほろり二人旅』の音楽的なナチュラルさが滲み出した場所となりました。

終盤には、地元チキンジョージでの公演含め西側の土地でのLiveで、バックボーンが再確認されつつ、だからこそのDEPAPEPEの気概が表現されたLiveが繰り広げられた様に思います。終演後の打ち上げも、過去・現在・未来に想いが馳せられて、『ほろり二人旅2018』が熟成していった時期ではなかったかと。

そしてツアーファイナルでの品川公演。これまでと違ったセンターステージでのLiveで勝手の違うところに戸惑いながらも、いつだって楽しくいつも笑顔なDEPAPEPEの本質と、ここまでに熟成された『ほろり二人旅』と、スクリーン等を使ったLive演出が、三位一体となって観客の心を1つに集約できた素敵なツアーファイナルになりました。Three minutes cookingの成功は2020年に向けたアーティストDEPAPEPの勝負強さを感じさせましたし(笑)リハーサル中に徳岡がこぼした『こんな素敵なホールでセンタースタージでLiveできるなんて嬉しいな。』という言葉が、なんとなくこのツアーの意味とこれからのDEPAPEPEの成長を確信する響きに感じられました。

9月に入れば、DEPAPEPEと押尾コータローさんとのコラボユニットDEPAPEKOの初となるアルバムのリリースもございます、こちらもDEPAPEPEの新境地としてお楽しみいただけると確信しております。

DEAPAPEPEマネージャー 渡辺


■ DEPAPEPE HP
http://www.sonymusic.co.jp/depapepe/

  関連画像

  リリース情報

DEPAPEKO(押尾コータロー×DEPAPEPE)Concept Album
「PICK POP! ~J-Hits Acoustic Covers~」

2018年9月19日発売

PICK POP! ~J-Hits Acoustic Covers~

初回生産限定盤A(CD + Blu-ray)

SECL2316-7 / ¥3,500+税

PICK POP! ~J-Hits Acoustic Covers~

初回生産限定盤B(CD + DVD)

SECL2318-9 / ¥3,500+税

PICK POP! ~J-Hits Acoustic Covers~

通常盤(CD Only)

SECL2320 / ¥3,000+税

  ピックアップ

  SEARCH

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  SPECIAL

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Chart