POPSCENE

WEB FANZINE

POPSCENE

大橋トリオ+THE CHARM PARK、心地良いコラボで会場を魅了!

March 10, 2018 22:00

music_label
0
0
シェア LINE
大橋トリオ+THE CHARM PARK、心地良いコラボで会場を魅了!

大橋トリオとTHE CHARM PARKが本日3月10日(土)両国国技館にて開催されたJ-WAVE(81.3FM)主催「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE~YOUNGBLOOD~」に出演した。「J-WAVE LIVE SUMMER JAM」で3年連続でスペシャルバンドマスターとして出演した大橋トリオと、気鋭のシンガーソングライターTHE CHARM PARKによるセッションだ。

ビートルズ「Blackbird」のカバーからスタート。2本のギターとふたつの声が織りなす美しさに、両国国技館中のオーディエンスがうっとりと聴き惚れる。「我々はズルしてふたりでやってます(笑)」と言いながら、ふたりとも楽しそうだ。続いてはTHE CHARM PARKの楽曲「そら」。客席からは自然と手拍子が起きる中、気持ちよさそうに歌声を響かせるTHE CHARM PARK。大橋トリオはスキルフルなギターソロも披露し喝采を浴びる。ギターだけとはとても思えない濃厚なグルーヴが生まれ、そして広がっていく。 次に演奏されたのは「ギターふたりといえば」(大橋トリオ)のサイモン&ガーファンクル「The Boxer」のカバー。穏やかな空気を醸しながら、音を愛でるようにハーモニーを紡いでいく。普段から大橋トリオのサポートメンバーを務めているTHE CHARM PARKとのコンビネーションもぴったりだ。ここでステージが回転。向正面を向いて披露されるのは大橋トリオの「そんなことがすてきです。」。THE CHARM PARKが手拍子を求めると、場内からは大きなハンドクラップが起き、国技館の一体感はどんどん高まっていく。 ここで再びTHE CHARM PARKのパート。「やってみたいことがあるんですけどいいですか?」と始めたのはコール&レスポンス。「アリーナ! 2階席!」と絶叫し、大歓声を浴びてうれしそうだ。そこから披露されたのはレディオヘッド「High and Dry」のカバー。美しいハイトーンで歌い上げたあと、ラストは大橋トリオの「HONEY」! イントロと同時に歓声が起き、国技館は一面の手拍子の海となり、会場を魅了したステージとなった。

ohashi_tcp2018031001.jpg2018年3月30日(金)の千葉市民会館大ホールを皮切りに6月16日(土)NHK大阪ホールまで全15会場を回るホールツアー「ohashiTrio HALL TOUR 2018」が開催され、バンドメンバーとしてTHE CHARM PARKの出演が決定しているので、どのようなステージになるのか期待が高まるところだ。

また、iTunes総合ミュージックアルバム1位を獲得した大橋トリオのオリジナルフルアルバム「STEREO」収録曲の「STEREO」はTHE CHARM PARKが作詞を手掛けており、こちらも是非チェックしたい。

最新アルバム「STEREO」は、綾野剛・谷口蘭が出演しているキリン 淡麗グリーンラベル「ツリーハウス」篇・「凧あげ」篇CMソング「SHE」や、TBS 系テレビ「世界遺産」テーマ曲(歌バージョン)「鳥のように 」など話題のデジタル・シングル曲の他、グラミー賞受賞楽曲を手掛けた英国の著名エンジニアDan ParryがMIXをした「VENUS」、布袋寅泰がギターで参加した「Embark」、ボーナストラックを含む全11曲を収録。

映像付き商品には、E-girlsメンバー楓が出演している「VENUS」MVや、12月8日の東京国際フォーラムAにて行われた10周年記念公演「ohashiTrio 10th ANNIVERSARY SPECIAL CONCERT "TRIO ERA”」を収録。スペシャルゲストとして参加した持田香織(Every Little Thing)、布袋寅泰との共演も収録されるなど約150分収録の豪華内容となっている。

ohashi_tcp2018031003.jpg
■ 大橋トリオ オフィシャルWEBSITE
http://ohashi-trio.com/

  YouTube

  Apple Music

  ピックアップ

  SEARCH

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  SPECIAL

オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Chart