WEB FANZINE

POPSCENE

between popular culture and counterculture

POPSCENE

コブクロ、さいたまスーパーアリーナ2日間で4万2千人以上を魅了!小渕、サンシャイン池崎になりきり"イエーイ!!"

November 27, 2017 12:00

live_label
0
コブクロ、さいたまスーパーアリーナ2日間で4万2千人以上を魅了!小渕、サンシャイン池崎になりきり"イエーイ!!"

コブクロが、全国14都市30公演、25万人動員の全国ツアー「アサヒもぎたて presents KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “心”」 のファイナル公演を、11月25日、26日の2DAYS、さいたまスーパーアリーナにて行った。このツアーは、7月8日の新潟公演から、5か月間にて敢行。先日行われた京セラドーム大阪公演では、2日間で約9万人を動員し、地元大阪で大盛り上がりを見せた。

京セラドーム大阪と、さいたまスーパーアリーナ公演では、「お客さんの出来るだけ近くに行きたい」という2人の想いから、360°どこからでもコブクロを近くに見ることができる、センターステージ。ツアーファイナルのさいたまスーパーアリーナは、超満員に埋め尽くされた21130人のオーディエンス。彼等の登場を待つファンで熱気が充満し、高まる期待と共にオープニング映像が流れ出す。シングル「心」を引っ提げたツアーという事で、過去のコブクロの楽曲から「心」というフレーズだけを様々な楽曲から切り取って繋げて制作したこだわりのSEに会場はどよめき、大歓声の中、メンバーが登場した。

今回のツアーのコンセプトは、シングル「心」が軸にありながらも、とにかく自分たちの好きな事、今やりたい事を詰め込んだ自由なツアー。1曲目から、昨年のツアー【KOBUKURO LIVE TOUR 2017 “TIMELESS WORLD”】の本編最後に演奏していた、ツインギターソロのフレーズをイントロに入れ込み、今回のツアーの為に書き下ろしたアップテンポなCD未収録の新曲『君になれ』を披露。昨年のツアーとの繋がりを感じさせ、ファンからは歓声が上がり会場を驚かせた。

19年前の結成当時から、まず新曲が出来ればストリートで目の前のファンに披露してきた。これが、まさにコブクロ流である。そのシンプルな表現方法は、全く変わっていない。続いて、シングル曲「虹」「君という名の翼」、現在もCM放送中のロッテ ガーナチョコレートCMソング「tOKi meki」を披露し、オープニング4曲を駆け抜けた。

MCで小渕は、「ファイナルへようこそ、コブクロでーす。ファイナルを応援しに駆けつけてくれてありがとう。」と30公演のファイナルに感極まる様子。黒田は、「今日は良いライブになると思いますよ。小渕さんファイナル感ハンパないです、サンシャイン池崎感ハンパないです。」と振ると、小渕が「イエーイ!!」と、モノマネをし、コブクロらしい掛け合いで、オープニングから会場が笑顔に包まれた。

今回コブクロツアー史上初トライなのが、LEDリストバンドのツアーグッズ。4パターンに変わるライト演出で、会場が光に包まれ楽曲に合せて色を変え、会場が一体となっていた。

続いて、「紙飛行機」では、ハート型の紙飛行機が天井から降り、必至に紙飛行機を追うファンの様子が非常に幸せそうであり、会場全体を温かい雰囲気に。アサヒもぎたてCMソングとしてオンエア中の「SUNRISE」では、LEDリストバンドを赤にし、センターステージが太陽に囲まれるように会場を赤く染めていた。最新シングル「心」のカップリング曲「HELLO, NEW DAY」では、今までの雰囲気から一遍、黒田の低音の声でクールに歌い上げ、レーザーの演出でとてもカッコイイムードに。

ライブ中盤には、2曲目のCD未収録音源となる新曲「夏の雫」の曲紹介へ。風鈴の音が鳴り響くイントロから、“夏”というフレーズや田舎の風景が蘇るような切ない楽曲を披露。季節が夏から冬へ変わるように、続いてヒット曲「流星」を歌い上げた。

その後、19年前のインディーズ時代の話から「夢を歌った歌です」と、力強く「Starting Line」を歌い上げ、コブクロの歌唱力の一番の魅せ所のように、続けて「蒼く 優しく」を熱唱。そして最新シングル「心」の後半では、マイクを離し、アカペラで生声を届けると、2万人以上の観客が、スタンディングオベーションとなった。深くお辞儀をし、感極まる2人の姿に、更に観客も拍手を続け会場は最高潮の雰囲気に。小渕は、「30公演“心”を歌ってきて、今日完成したなと思った」と、ファイナルの手ごたえを語った。

その後、コブクロ恒例のロングMCコーナーに。すでに燃え尽きた様子の黒田は、ステージに座り込み、「デニムの中から足が溶けていってる。2017年 黒田俊介 完。」と笑いをそそった。

続いて、来年春から開催する全国ツアーを告知。ツアーでは初チャレンジとなる小渕のギターのみの演奏で全曲を披露する、小渕と黒田2人きりで全国を回る事と、11/27(月)から、このツアーで聴きたい曲のリクエストを、ファンの皆さんから募ることも告知した。

MCで更に会場のヴォルテージを上げ、ツアーは後半戦へ。3曲目のCD未収録の新曲「白雪」、その他3曲を続けて披露し、大盛り上がりな中、本編が終了。

アンコールでは、真っ白なLEDで輝く中、昨年のヒット曲「未来」を熱唱し、客席を魅了。最後は、代表曲「轍-わだち-」で会場を盛り上げ、後半コール&レスポンスで会場と一体となり大歓声の中、ツアーファイナルは幕を閉じた。

2018年9月には、結成20周年を迎える。20周年を前に、新たなチャレンジにも挑むコブクロに引き続き注目だ。


□ セットリスト
1. 君になれ
2. 虹
3. 君という名の翼
4. tOKi meki
5. 紙飛行機
6. SUNRISE
7. HELLO, NEW DAY
8. LIFE
9. 夏の雫
10. 流星
11. Starting Line
12. 蒼く 優しく
13. 心
14. 白雪
15. memory
16. 神風
17. ストリートのテーマ
18. 未来
19. 轍-わだち-


■ オフィシャルサイト
http://kobukuro.com/

  関連画像

  ピックアップ

  SEARCH

  iTunes Chart