WEB FANZINE

POPSCENE

between popular culture and counterculture

POPSCENE

オフィスオーガスタ設立25周年「Augusta Camp 2017」ライヴレポート

オフィスオーガスタ設立25周年「Augusta Camp 2017」ライヴレポート

October 5, 2017 19:00

live_label
0

9月23日(土)富士急ハイランドコニファーフォレストで開催された【Augusta Camp 2017】。 山崎まさよしがバンドマスターを務めた今年のステージは、出演アーティストによる歌声も素晴らしかったし、恒例の花火も美しかった。しかしひと味違っていた。強いて言えば音楽への愛情、メンバー同士の結束、新たなる挑戦とでも言うべきだろうか。

オフィスオーガスタは今年で設立25周年を迎える。ということは杏子もソロデビュー25周年。更に一昨年オープニングアクトを務め、昨年からメインアクトの一員に加わった末っ子、松室政哉が11月にメジャーデビュー決定。揺るぎない存在感と新しい風、その間には個性溢れるミュージシャンたちがいる。そんな彼らが今年挑んだのはサポートミュージシャンを入れずに、すべてオーガスタメンバーだけで演奏すること。 出演は、杏子、山崎まさよし、岡本定義(COIL)、あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、竹原ピストル、松室政哉、村上紗由里。 これだけのメンバーの楽曲を演奏しコーラスする。プロとは言え、それがどれだけ大変なことだろうか?観ている方としては想像しただけで胸が踊る。

それとは別にもうひとつ面白かったのは、スペシャルアクトとして登場した大野雄二&Lupintic Six with Fujikochans ~LUPIN THE THIRD SPECIAL~。アグレッシブなサウンドと、誰もが知っているであろう“ルパン三世のテーマ”は否応なく盛り上がる。更に“炎のたからもの”でフィーチャリングした杏子のクールな美しさには男性ファンばかりでなく女性からも「カッコイイ!」の声が飛んだ。

「オーガスタキャンプ始まるよー!」 山崎の声を合図にライヴは福耳メンバーによる“Swing Swing Sing”でスタート。ぐるりと雲に囲まれているも青空も顔を出し、弾むリズムが一層心地よく聴こえる。山崎が改めて村上を紹介すると、杏子の「女子部も増えて」という言葉に、まるで“うちの新人をよろしくね”と言っているような長女的愛情を感じた。“DANCE BABY DANCE”のソロパートで見せつけた個性はサビでぴったりと息を合わせる。

「いきなりですけど、記念写真撮りたいと思います!」と、オープニングから早くも全員が揃ったステージで記念撮影をすると、ステージ上は村上一人に。念願のメインステージ(2015年、BBQステージに出演)に立てたことの喜びを挨拶に変え、“あげます ~ 落陽”で清々しい歌声を披露した。

秦 基博、浜端ヨウヘイ、松室政哉による一年ぶりに登場したユニット(?)「浜秦ヨウ政(ハマハタヨウセイ)」の“キミ、メグル、ボク”。清々しい三声が多幸感を伴いながら会場に広がり、オーディエンスは笑顔でクラップ。「ヨウヘイ、お土産持ってきた。」そう言いながら登場した常田真太郎が手に持っていたのは柔道の黒帯。 浜端のステージでは、二人で黒帯をつけてユニット「ヨダンズ」 (三段の浜端と初段の常田を合わせ命名)を即興で結成。強いのか弱いのか分からないネーミング(笑)の二人が演奏するのは浜端の “グッド・バイ”。常田の美しい鍵盤の音色は、普段パワーヴォーカルの浜端の繊細な歌声と相まってオーディエンスを引き込んだ。

「われわれ、岡本塾の塾生でございます。」浜端は次に登場した岡本へお辞儀をすると、あらきゆうこと、塾生の松室と村上登場。岡本はギブソン・フライングVで“夏はこれからだ!”を…といってもメタルチックなアレンジのわけもなく、岡本らしいボサノヴァ調アレンジ。アコースティックセットなので、あらきもドラムではなくカホンとウィンドチャイム&浜端、松室、村上はサビで振り付け!(といっても、曲に合わせてゆるい雰囲気)

「あなたこのオーガスタキャンプが裏で何と言われているか知っています?裏のタイトルは松室キャンプ。」あらきが松室にそう言うと会場からは歓声が上がった。「誰が言うてるんですか?(笑)」と松室も笑うが、実際今回松室は殆どの楽曲に参加している。そんな話をしているとステージ袖から茶々を入れるように、さかいが鍵盤ハーモニカを吹きながら常田、長澤と共に登場。今回のオーガスタキャンプでは、事前にリクエスト企画「あなたと作るオーガスタキャンプ」を実施。特に票数が多かった楽曲をセットリストに組み込んでおり、松室の楽曲では”ラブソング。”が選ばれた。諸先輩たちを従えながらも堂々と歌いあげる松室。   

「楽しんでますかー?結構入れ替わり凄いでしょ。リクエストもいただきましたけど、その他にも全員でどの曲を演る?って話もしているんですよ。」セットリストの組み方についてそう説明するあたりは常田らしい。福耳以降初の出番だった相方・大橋卓弥と杏子を呼び入れると、真っ赤なシャツの大橋を見て「派手だよね(笑)。」と杏子が笑い、「楽屋でこの赤が浮きまくってる!」と大橋も笑う。今回松室の出演回数が一番多いことを知った大橋は、前曲に続きステージに立っている松室に「一番出るの?僕よりも?!」と、ちょっと悔しそう。更に「オシャレなチョッキ着て」と衣装をイジるも「真っ赤な人に言われても…」と、 松室も負けずに応戦。彼らの関係性の良さが垣間見え、会場からも笑いが起きた。杏子がスキマスイッチの“藍”のAメロをしっとりと歌い上げると、一瞬の歓声がすぐさま静寂へと変わり、声には出さず口ずさむ人の姿も。

山崎、大橋、さかい、浜端のメジャーデビューが近い松室を冷やかすようなコーラス(しかも上手い!)にオーディエンスも笑いながらクラップ。松室は「コワイ、コワイ コワイ!」と苦笑いしつつも本当に部活ノリの仲の良さを感じる。「ちょっと久々の曲を。」大橋が空気を変えるよう言って始まった “ピアノとギターと愛の詩(うた)”では冒頭のリズムで歓声が上がり、ループマシンでヒューマンビートボックスに色々な音を重ねる。雲と青空が入れ替わりに顔を出す中、軽快なリズムと歌声はオーディエンスを笑顔にした。なんとなくギターを爪弾いたり鍵盤を軽く弾いてみたりしながら山崎が「このメンバーで何を演るんでしょう?」というと、すかさずさかいが「コードでバレるじゃないですか。」とツッコむ。少しふざけては笑い合う。作りすぎていない自由な空気の中、“One more time, One more chance”が始まる。その展開は実に山崎らしく魅力的だった。さかい、浜端、松室は山崎まさよしという先輩の大きな背中を追うようにそれぞれの個性をメロディにのせる。

“全力少年”のイントロは突然始まった。歓声はクラップへと変わり、スキマスイッチと一緒にステージに立ったのは竹原。1番が終わったところで“よー、そこの若いの”が入り、再び “全力少年”…と思えば “よー、そこの若いの”。徐々に間隔が短くなるスペシャルアレンジに大盛り上がり! ここで第一部は終了。冒頭で紹介した大野雄二&Lupintic Six with Fujikochans ~LUPIN THE THIRD SPECIAL~がクールなステージを見せると、第二部へ。

「改めましてみなさん!盛り上がってますかー?後半戦トップバッター、チーちゃんでも良いかな?」第二部、元ちとせは杏子、山崎、岡本、あらき、大橋、さかい、浜端、村上を呼び入れ”ハミングバード”でオーディエンスも一緒に歌声を弾ませる。

第一部“ジャスミン”のコラボ返しとなったさかいとの“鱗(うろこ)”を終え、秦が「みんな来てー!」と福耳を呼び込む。「昨年のオーガスタキャンプはこの場所で自分がプロデュースさせてもらったんですが、その時、みんなの声が重なったこの曲を聴いてとても感動したので、今年もおかわりしたいなと思って。」照れた笑顔を見せながら秦が次に歌うのは“ひまわりの約束”。今年もオーディエンスの歌声が上空高く響き渡った。BARBEE BOYSの“目を閉じておいでよ”で会場を熱くすると、突如山崎がハロウィンの被り物で杏子に近づき、会場も杏子も笑い出す。やっぱりオーガスタキャンプじゃないとこういう演出は見られないよな!そう思わせる演出はこの後も随所に見受けられた。一転、つい今しがたの笑いの空気を変えた“青猫”。杏子の歌声は胸を締め付けるほど切ない。岡本が歌う “LOST”では、大橋がドラム、秦がベースで会場をざわつかせると「こんばんは。アイドルになりたかったあらきゆうこです。」と、あらきが頭に大きな花飾りをつけて登場。会場から「可愛い!」と声が飛ぶ中「言ってはいけないと言われていましたが、飲み仲間バンドです。」とメンバーを紹介。ここでも杏子がドラム、秦がベースを担当。続く山崎の“Flowers”では、常田とさかいのツイン鍵盤にしびれた!遠雷が光るが、盛り上がるリズムは雨を寄せ付けない。ここで今年もあのコーナー、あの男たちがやってきた!「みんなー。こんにちはー!はったんだよー。(秦)、ぴーちゃん(竹原)だよー。二人合わせてはったんぴーちゃんだよー。ヨロシクねー!」絶対と言って良いだろうが、秦がここまで弾けている姿はやはりオーガスタキャンプでしか見られないだろう!メンバー紹介の“はっぴー音頭”では、“ピアノがピアニカに見える男 気は優しくて力持ち”と紹介された浜端が松室を何と肩車!会場をおおいに沸かせた。

ステージには山崎と長澤が登場。どう考えても、はったんぴーちゃんの後はやりづらいだろう(笑)。「長澤、アレはアレ。」と諭すような山崎の言葉に会場も大爆笑。「じゃあよろしくお願いします。長澤知之です。」そう挨拶すると“蜘蛛の糸”のイントロ、ギターの音色で一瞬にして長澤の世界に引き込んだ。更に“君と僕の挽歌”ではさかいの圧巻の歌声と共に浜端、松室、村上によるスペシャルコーラスが夜空に響いた。大橋はこれまでのステージを見てオーディエンスのパワーを感じたと語ったが、“奏(かなで)”ではミュージシャンのパワーをひしひしと見せつけ、大橋と秦の、質感の違う歌声がオーディエンスを魅了した。

「まだまだいけますかー!」ライヴも後半、“全力少年”では常田がギター、さかいがベースを担当。大橋は全力で客席を煽っている秦に「秦、盛り上げ役ありがとう!」、そして顔を歪ませ必死にアコギを弾く常田にも「頑張れ!」と笑顔でエールを送った。「寒くないですか?みんな大丈夫?風邪引かないでね。」 気温がどんどん下がる会場を見回し、杏子が優しい口調で気遣う。

「オフィスオーガスタ25周年の年にデビューする松室政哉!」と、今回本当に大活躍だった松室を改めて紹介。松室も「今日はいっぱい出てごめんなさい(笑)。本当に尊敬する先輩方の曲を一緒に演らせてもらうというのは、僕にとって光栄なことです。皆さんも楽しんでいただけましたでしょうか!」と挨拶。メンバー全員と共に11月1日発売のメジャーデビューEP表題曲“毎秒、君に恋してる”を歌い上げた。福耳5年ぶりのシングル『ブライト /  Swing Swing Sing』から“Swing Swing Sing”でスタートした今回のオーガスタキャンプの本編は“ブライト”で締めくくった。

“惑星タイマー”は何十回、何百回聴いても「やっぱり良い曲だ!」と思ってしまう。アンコールでは、福耳メンバーそれぞれの想いを胸に歌を届けると、メンバー全員で25年前にオフィスオーガスタを創った森川欣信氏(現:最高顧問)へ「ジャイアンありがとうー!」と感謝を叫び、ラストは勿論“星のかけらを探しに行こう Again”で締めくくられた。


写真:笹原清明
Text:秋山昌未


■ Apple Musicでオーガスタキャンプ出演アーティストの楽曲配信中!
www.applemusic.com/augustacamp

■ オフィスオーガスタ
http://www.office-augusta.com

■ オーガスタキャンプ2017
http://www.office-augusta.com/ac2017/

  インフォメーション

Augusta Camp 2017

2017年9月23日(土)
OPEN 12:00 / START 14:00
富士急ハイランド コニファーフォレスト

□ 出演アーティスト
杏子 山崎まさよし 岡本定義(COIL) あらきゆうこ 元ちとせ スキマスイッチ 長澤知之 秦 基博 さかいゆう 浜端ヨウヘイ 竹原ピストル 松室政哉 村上紗由里

□ Special Act
大野雄二&Lupintic Six with Fujikochans ~LUPIN THE THIRD SPECIAL~

■ Song List

□ Band Act
M1. Swing Swing Sing(福耳)
M2. DANCE BABY DANCE(福耳)

□ Acoustic Act
M3. あげます ~ 落陽(村上紗由里)
M4. キミ、メグル、ボク(秦 基博 with 浜端ヨウヘイ・松室政哉)
M5. 僕らの輝き ★(長澤知之 with 浜端ヨウヘイ・松室政哉)
M6. グッド・バイ(浜端ヨウヘイ with 常田真太郎)
M7. 夏はこれからだ!(オリジナル:福耳)(岡本定義(COIL) with あらきゆうこ・浜端ヨウヘイ・松室政哉・村上紗由里)
M8. 星に願いを(杏子 with 山崎まさよし・あらきゆうこ・松室政哉・村上紗由里)
M9. ラブソング。★(松室政哉 with あらきゆうこ・常田真太郎・長澤知之・さかいゆう)
M10. 藍 ★(スキマスイッチ with 杏子・松室政哉)
M1. セロリ(オリジナル:山崎まさよし)(スキマスイッチ with 山崎まさよし・あらきゆうこ・秦 基博・竹原ピストル・松室政哉)
M12. ワダツミの木(元ちとせ with さかいゆう)
M13. ジャスミン ★(さかいゆう with 山崎まさよし・あらきゆうこ・秦 基博)
M14. ピアノとギターと愛の詩(うた) ★(大橋卓弥&さかいゆう with 山崎まさよし・浜端ヨウヘイ・松室政哉)
M15. 花火(山崎まさよし with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ)
M16. One more time, One more chance ★(山崎まさよし with あらきゆうこ・さかいゆう・浜端ヨウヘイ・松室政哉)
M17. よー、そこの全力少年(よー、そこの若いの★+ 全力少年)(竹原ピストル with スキマスイッチ)

□ Special Act 大野雄二&Lupintic Six with Fujikochans ~LUPIN THE THIRD SPECIAL~
Special _M1. OPENING
Special _M2. LOVE SQUALL
Special _M3. TORNADO 2017
Special _M4. 銭形マーチ Fujikochans ver.
Special _M5. 炎のたからもの feat.杏子
Special _M6. ルパン三世のテーマ
Special _M7. ENDING

□ Band Act
M18. ハミングバード
(元ちとせ with 杏子・山崎まさよし・岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・大橋卓弥・さかいゆう・浜端ヨウヘイ・村上紗由里)
M19. 鱗(うろこ)★(秦 基博 with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・さかいゆう)
M20. ひまわりの約束(秦 基博 with 福耳)
M21. 目を閉じておいでよ(オリジナル:BARBEE BOYS)★
(杏子 with 山崎まさよし・岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・大橋卓弥・長澤知之・さかいゆう・竹原ピストル・村上紗由里)
M22. 青猫(杏子 with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・常田真太郎・長澤知之)
M23. LOST(オリジナル:ナタデココ)(岡本定義(COIL) with 山崎まさよし・大橋卓弥・秦 基博・松室政哉)
M24. Train run(あらきゆうこ with 杏子・岡本定義(COIL)・秦 基博・浜端ヨウヘイ・竹原ピストル)
M25. Flowers(山崎まさよし with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・常田真太郎・さかいゆう・浜端ヨウヘイ・松室政哉)
M26. ポラロイド写真(山崎まさよし with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・常田真太郎・長澤知之・秦 基博)
M27. Circle(浜端ヨウヘイ with 杏子・山崎まさよし・岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・元ちとせ・さかいゆう)
M28. "はったんぴーちゃんはじまりのテーマ~ちゅ・ちゅ・ちゅ I want you♡2017 ★~はっぴー音頭~はったんぴーちゃんさよならのテーマ"(竹原ピストル with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・秦 基博・浜端ヨウヘイ・松室政哉)
M29. 蜘蛛の糸(長澤知之 with 山崎まさよし・岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・さかいゆう)
M30. 君と僕の挽歌(さかいゆう with 岡本定義(COIL)・あらきゆうこ・浜端ヨウヘイ・松室政哉・村上紗由里)
M31. 奏(かなで)★(スキマスイッチ with あらきゆうこ・長澤知之・秦 基博・さかいゆう・浜端ヨウヘイ・村上紗由里)
M32. 全力少年(スキマスイッチ with 杏子・山崎まさよし・あらきゆうこ・長澤知之・秦 基博・さかいゆう・浜端ヨウヘイ・村上紗由里)
M33. 毎秒、君に恋してる(松室政哉  with 福耳)
M34. ブライト(福耳)

□ Encore
Enc1_M35. 惑星タイマー(福耳)
Enc2_M36. 星のかけらを探しに行こう Again(福耳)

★=リクエスト企画「あなたと作るオーガスタキャンプ」で、特に票数が多かった楽曲

  ピックアップ

  SEARCH

  iTunes Chart