WEB FANZINE

POPSCENE

between popular culture and counterculture

NONA REEVES、『デビュー20周年記念 赤坂ノーナ最高祭!!! 第二夜』を開催!秋に全国ツアーも決定!

May 29, 2017 19:45

live_label
0
NONA REEVES、『デビュー20周年記念 赤坂ノーナ最高祭!!! 第二夜』を開催!秋に全国ツアーも決定!

ノーナ・リーヴスのメジャー・デビュー20周年を祝うライヴ・イベント〈ノーナ最高祭〉。堂島孝平とサニーデイ・サービスを迎えて3月に行われた第一夜に続く第二夜が、5月28日に東京・赤坂BLITZで開催された。

今回、祭に迎えられたゲスト・アーティストは、KIRINJI。メジャー・デビュー当時はレーベルメイトだった2組だが、2マンという形での共演は初めて。ステージは、KIRINJIの「進水式」からスタートする。「20周年おめでとうございます」の一声から始まった堀込高樹のMCはいつもと雰囲気の違った様子で、「郷太くんと張り合おうと」ということで自己アピール度を強調。演奏した曲を紹介するたびに「すごく良い曲で……」というひと言を添え、会場からの笑いを誘っていた。2曲目の「雲呑ガール」に続いては、アダルトなメロウ・グルーヴ曲「愛のCoda」、コトリンゴのメイン・ヴォーカルで聴かせる「日々是観光」「嫉妬」「Golden harvest」、弓木英梨乃がハンドマイクでステージの上を歌い歩く「Mr.BOOGIEMAN」──この日のセットリストは、KIRINJIにとってそれ自体が珍しい2マン・ライヴということ、また、お相手がノーナ・リーヴスということもあってか、新旧織り交ぜてノリの良い楽曲で押していく感じ。最後は、いまやライヴのセットリストで定番化しつつある坂本真綾のカヴァー「うちゅうひこうしのうた」で和やかに締めくくった。

ステージ転換の時間を使って、第一夜に続き今回もゆかりあるアーティストからのお祝いコメント映像を紹介。今回は、レコーディングでの共演もある一十三十一、メジャー・デビュー時のレーベルメイトだったクラムボン、そして、西寺郷太のソロ・アルバムにも参加したティト・ジャクソンからメッセージが寄せられた。

プリンス「I Wanna Be Your Lover」のSEに乗って、祭の主役であるノーナ・リーヴスが登場。西寺郷太、奥田健介、小松シゲルの3人に、真城めぐみ、村田シゲ、松井泉、冨田謙を加えた鉄壁布陣、通称〈ノーナ7〉体制でのステージは、1曲目「P-O-P-T-R-A-I-N」からエキサイティング。続けざまに、いつもはライヴ後半で披露することが多いディスコ・チューン「LOVE TOGETHER」、先ほどまでKIRINJIのステージに立っていた矢野博康のプロデュース曲「透明ガール」と、出だしからヒートアップ。そして、20周年を祝いに駆けつけたファンにとって最高にうれしい新曲「麗しのブロンディ」を初披露。パワフルで人懐っこいメロディーに、ノーナの新たなスタンダード・ナンバー誕生を予感したファンも多かったことだろう。

MCでは、早稲田大学の先輩後輩の仲であり、かつてノーナ・リーヴスのレコーディング/ライヴ・サポートで活躍していた現・KIRINJIの千ヶ崎学との仲良しエピソードを紹介。会場から笑いをとりながら散々いじり倒したあと、「この曲は千ヶ崎がいたから出来た曲」とちょっとイイ話を挿んで99年発表のシングル曲「BAD GIRL」を演奏。そして、ここからがハイライトとばかりに、バンドのパワーを炸裂させたキラー・チューンの連続。「ガガーリン」「DAYDREAM PARK」「O-V-E-R-H-E-A-T」とスリリングに駆け抜け、「DJ! DJ!」で会場のファンとの一体感を高めたあとは、3人それぞれのヴォーカルが聴けるノーナ・リーヴス史上もっともハートフルなナンバー「休もう、ONCE MORE」で本編を締めくくった。

アンコールでは、ノーナ7のメンバーとKIRINJIのメンバー総勢14名がステージに勢揃い。大学のサークルで先輩だった矢野博康、さらに大先輩である楠均など、リスペクトしてやまないミュージシャンたちに囲まれ、西寺もひと言「もう、泣きそう」。そのまま一夜限りのスペシャル・セッションが始まるかと思いきや、西寺が「あと2人、大学の先輩をお呼びしたい!」と、シークレット・ゲストだったライムスターの宇多丸とMummy-Dを呼び込み。この顔ぶれが揃えば、ということで、KIRINJIが昨年夏に発表したライムスターとのコラボレーション曲「The Great Journey」をノーナ交えてパフォーマンス。そうはお目にかかれないスペシャルな大所帯バンドによる演奏は、興奮を通り越してカオス。続くノーナの「LOVE ALIVE」でパーティー・ムードはさらに上昇し、〈祭〉と名のつくイベントにふさわしい、楽しくハッピーな空間を創り上げた。終演後に発表された全国ツアーの開催も楽しみで待ちきれない。ノーナ最高!

終演後には、秋にアルバムの発売と、それに伴う全国ツアーが発表された!

ライブレポート:久保田泰平
ライブ写真:ハヤシサトル

  関連画像

  インフォメーション

2017年10月28日(土)
17:30/18:00
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

2017年10月29日(日)
16:30/17:00  
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

2017年11月3日(金・祝)
17:00/17:30
福岡 DRUM SON

2017年11月11日(土)
17:00/17:30
名古屋 ell.FITS ALL

2017年11月12日(日)
16:30/17:00
心斎橋Music Club JANUS

2017年11月18日(土)
17:30/18:00
札幌 Sound Lab mole

チケット一般発売日:8/26(土)

  ピックアップ

  新着記事

  SEARCH

総力特集!松室政哉

  SPECIAL

総力特集!松室政哉
オフィスオーガスタ特集 アーカイブ
オフィスオーガスタ特集 アーカイブ

  iTunes Music Chart