ウェブ・ファンジン

POPSCENE

between popular culture and counterculture

POPSCENE

suzumoku

地元再訪第四編:かの深海

0

人工衛星をいくつも打ち上げ、GPSの精度はどんどん上がってきている。

 

あんなに高高度から何丁目何番地までの位置を一瞬で特定できるのだからすごい。

 

けれども、その内部にまでの観測はまだ難しいようで、

 

それは高度という概念すら無さそうな宇宙はもちろん、深海も同等に謎だらけらしい。

 

 

 

僕の地元静岡には、日本一高い場所があり、日本一深い場所もある。

 

高い場所は富士山の頂、深い場所は駿河湾の最深部だ。

 

最深部の水深は2,500mにも達するらしく

 

 

 

とある古の巨人が悪ふざけで駿河湾の土砂を掘って積み上げて出来たのが富士山、

 

その最中にバランスを崩して片手をついて出来たのが浜名湖、

 

 

 

なんて、勝手な想像が伝説を交えて独自に膨らむ…

 

IMG_5101.jpg

静岡は沼津に沼津港深海水族館というのがあると聞き、

 

9/9~11で行われた愛知と京都ライブの帰りに立ち寄ってきた。

※9/24のレギュラーラジオにてその模様をお伝えしました。

 今回も写真を交えて改めてお伝えします。

 

 

 

JR沼津駅からバスで沼津港まで行き、

 

沼津名物の干物屋や浜焼きの良い匂いが漂う中に深海水族館はあった。

 

水族館の規模としては小さい方なのかもしれないけれど、

 

巨大な水槽の中に多種多様を詰め込む様な展示ではなく、

 

小~中位の水槽を数多く配置し、その中の生物が何なのか、とてもわかりやすい。

 

 

 

色も形も、まるでゲームに出てくる敵キャラの様なSF感を持った深海魚たち

 

そんな深海の種を知ってもらうための工夫がたくさん施されていた。

 

 

 

そしてこの水族館の目玉は、巨大なサメやマンタではなく、

 

イルカやシャチの芸でずぶ濡れになるショーでもなく、なんと標本

 

世界で唯一、この水族館にしかない

 

IMG_5095.jpg

古代魚、シーラカンスの冷凍標本。

 

 

 

一目見て、ただただ、すごい、と、そして、予想以上にでかい、と

 

思えば小学生の頃、恐竜から始まって古代の海洋生物にも興味がわいて、

 

シーラカンスについてもあれこれ調べたことがあったけれど、

 

なんだかんだでレプリカではなく本物の個体を見たのはこれが初めてだった。

(欲を言えばブルーライトでなく、普通の白色灯で見てみたかった

 

 

 

いまも世界のどこかで生きていて、しかも、深海における海洋環境はどこも近しい環境らしく、

 

日本にシーラカンスはいないとは言い切れないとのこと。

 

駿河湾の深海にもいるかもしれない

 

 

 

そう思うと、ふと、生きた化石という言葉に違和感を覚えた。

 

そうした言葉の概念を全部取っ払って、シーラカンスという生物を見てみたい。

 

IMG_5096.jpg

光も届かない深海で、頼りになるのはなんだろう。

 

聴覚、触覚、嗅覚

 

繁殖という一点に意識を絞った時、

 

生物の見た目、その生き方さえ、関係なくなるのかもしれない。

 

だから暗い暗い深海の生き物たちは、僕らにはおよそ想像もできない姿なのか

 

一見、複雑怪奇に見えて、その実はとてもシンプルな生命で、

 

“個性的”というのは、実はとてもシンプルなのかもしれない。

 

 

 

宇宙や深海を探るのは、人の心を探る様な…興味本意ではとても敵いそうにないけれど、

 

知りたいのベクトルはどこか似ている気がする。

 

そして、それを探るためには、機械だけではダメなことも、同じだと、

 

食べ終えた浜焼きのホタテ…その貝殻を見つめながらふと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、suzumokuのライブは1014日から始まる自主企画イベント、

 

HUMINDS』が近づいてきています。

 

新たに、2回目の11月に金木和也さんの出演が決定しました。

 

イベント詳細はsuzumokuオフィシャルサイト

 

渋谷La.mamaHPにてご確認のうえ、ぜひお越しください。

 

 

 

~渋谷La.mama x suzumoku 3ヶ月共同企画~

 

HUMINDS

 

出演:suzumoku/戸渡陽太/浜端ヨウヘイ/指田フミヤ/金木和也/and more…

日時:1st,1014()2nd,1118()3rd,1222()

   18:30開場/19:00開演

  コメントを書く

  PROFILE

suzumoku

2007年、アコースティックギターを片手に音楽シーンに突如現れ、アルバム「コンセント」でデビュー。その荒々しくも正確なフィンガリング、独自性、強烈な歌声は“オルタナティブフォーク”と形容されるシンガーソングライター。